親や家族が多額の借金をして返済が出来なくなった場合、子供や他の家族が返済義務を負う必要はあるのでしょうか?

よくドラマなどを見ていると、やくざ風の人が借金をした人の子供のところに押しかけて、親や家族の借金の肩代わりをするよう迫るシーンを見かけたりします。

しかし、実際は、返済義務を負う必要は基本的にありません

ただ、例外となるケースが2つあるので、具体的に解説していきます。

また、借金を抱えてしまった親や家族に対しては、こちらの方法で借金をどれくらい減らせるか調べてみるよう勧めてみて下さい。

親や家族の借金問題が解決されるだけでなく、あなた自身も余計な責任を感じる必要がなくなるので気持ちが楽になるでしょう。

返済義務は発生しないのが原則

親や家族が銀行や消費者金融などの貸金業者から多額の借金を抱えていても、原則として子供など他の家族に対して返済義務は一切発生しません

債務の責任はあくまでもお金を借りた個人にあるからです。

確かに、親や家族から借金の肩代わりをして欲しいと頼まれて、心が揺れ動く人もいるかもしれません。

しかし、実際、そういった時は、身内が助けるよりも弁護士や司法書士が対応する方がうまく問題を解決できるケースが多いです。

ですから、親や家族の借金問題は、あくまでも自らの責任で解決できるよう債務整理などの手続きを勧めてみて下さい。

親や家族の借金に対する責任が発生するケース

ただし、以下の二つの条件のいずれかを満たしている場合は、親や家族の借金に対して返済義務が発生してしまいます。

子供が連帯保証人になっている場合

親や家族が借金をするための契約を行う際、連帯保証人としてあなたを指定している場合があります

その場合は親や家族が借金を返済できなくなった時、あなたが法的な返済義務を負うようになります。

親や家族が借金を抱えたまま死亡した場合

もし、親や家族が借金を抱えたまま死亡してしまった場合、その返済義務は、法定相続人に対して課せられるようになります

そして、法定相続人があなたであった場合は、あなたが借金の返済義務を負うようになります。

ただ、相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内であれば、以下の3つの選択肢の中からいずれかを選ぶことが出来ます。

すべてを相続する

親や家族の財産も負債もひっくるめて、全てのものを相続するという選択肢です。

負債よりも財産の方が多ければ、すべてを相続するのが良いでしょう。

相続放棄をする

親や家族の財産も負債もすべての相続権を放棄するという選択肢です。

親が債務超過に陥っていたことが明らかな場合は、相続放棄を行うのが良いでしょう。

具体的には家庭裁判書へ必要書類を提出し、その届出を認めてもらうことによって、相続放棄が可能となります。

限定承認をする

親や家族の財産と負債のどちらが多いか分からない場合は、限定承認を選択するという方法もあります。

いったん、限定承認をした後、債務の状況を調べ、もし債務が上回っている場合は、相続した財産の範囲で、弁済を行うようになります。

実際、どうしても相続したい親の財産があれば、限定承認を行うことが多いです。

しかし、税金の問題が発生したりするなど、手続きが面倒になるというデメリットがあります。

親や家族の借金を調べる方法

ただ、親や家族がどれだけ借金があるのか、本人から、きちんと説明がされないまま、亡くなってしまうケースも実際は多いです。

そのような場合は、主要な信用情報機関に情報開示の依頼をすることによって親の借金の調査をすることが出来ます。

すでに親や家族が亡くなっている場合は、法定相続人であることを証明する書類を追加で提出することによって、情報開示をしてもらうことが可能です。

信用情報機関や情報開示の方法については以下の記事をご確認下さい。

CIC・JICC・ KSCの違いと信用情報開示の方法

まとめ

このように親や家族が多額の借金を抱えた場合、あなたに返済義務が発生するかどうかは、親や家族が生きている場合は、連帯保証人になっていないかのみチェックし、亡くなってしまった場合は、相続問題だけチェックすれば大丈夫です。

takeshi1

上記の場合以外は、あなたは返済義務が一切ありませんので、あとは親や家族が自らの責任で、正しい選択が出来るようアドバイスされることをオススメいたします。