ネットを見ていると、国が認めた借金の減額方法について広告が出て来る時ってありますよね。

“国が認めた借金の減額方法 簡単すぎると驚愕の声続出!”

“国が認めた借金の減額方法を知ってる?借金を減額する方法は実はこんなに簡単だった”

といったような表現を見かけた方は多いのではないかと思います。

ただ、かなり煽った表現にも見えて、詐欺ではないかと不安に思う方もいらっしゃるので、実際にはどんな方法なのか、具体的に解説をしていきます。

国が認めた借金の減額方法とは?

国が認めた借金の減額方法とは、簡単に言ってしまえば、債務整理の手続きです

なぜ、国が認めているかというと、借金を返せない人に対して救済制度がないと、その人は精神的に追い詰められ、中には自殺をしてしまう可能性もあるからです。

国民の生活と命を守るのは、国家の責任ですよね。

ですから、国としても、合法的に借金を減額する方法を認めざるを得ませんし、借金で悩む人は、消費生活センターや法テラスなどの公的機関で相談できるような体制も整えているのです。

また、弁護士や司法書士に借金の相談をした場合、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

のいずれかの債務整理の手続きを紹介されます。

借金減額という観点で見ると、それぞれの手続きでは以下のような効果があります。

任意整理による借金減額

任意整理は、弁護士や司法書士が債権者との任意の和解交渉によって、将来利息をカットしたり、月々の返済額を減らしたりしながら、残債を3年~5年で分割返済する手続きです。

リボ払いであれば、手数料をカットするということになります。

また、もし過去に払い過ぎた利息があれば、過払い金という形で残債から減額することも可能です。

最近は、過払い金が発生するケースも減って来ているので、残債自体が減額されることは少なくなりつつあります

しかし、将来利息をカット出来れば、本来払うはずであった利息分をカット出来るので、最終的に支払う総返済額を減額することが可能となります。

ですから、過払い金が発生していなくても金利が高い方にとっては、任意整理はまだまだ有効なのです!

個人再生による借金減額

個人再生は、民事再生法第13章「小規模個人再生及び給与所得者等再生に関する特則」によって定められた借金の減額方法です。

元々は、自己破産を検討しているけれども、住宅ローンの返済が残っていて、家を失いたくないという方に向けて作られた手続き方法なんですね。

個人再生では、基本的に住宅ローン以外の借金を約5分の1に減額出来るので、任意整理よりも、さらに借金を減額出来るケースが多いです。

ただし、残債を100万円未満に減額することは出来ないので、借金が100~200万円ぐらいであれば、任意整理を検討した方が良い場合もあります。

また、借金の総額が5,000万円を超えても個人再生の手続きは出来ないので、その場合は自己破産の手続きを行います。

自己破産による減額

自己破産は、破産法に基づいて、原則として、すべての借金を免責にしてもらうための手続きです。

免責なので、借金を100%減額ということになりますよね。

自己破産と聞くと、身ぐるみ剥がされるイメージを抱く人も多いですが、最低限の財産は確保することが出来ます。

また、弁護士や司法書士は守秘義務を守ってくれるので、会社や近所の人にバレないよう手続きを行うことも可能です。

ただ、その一方で、自己破産には、

  • 官報に名前や住所が記載される
  • 自己破産から復権までの期間は特定の資格や職業が制限される
  • 一定以上の財産は手放す必要がある

などのデメリットがあるので、可能であれば、まずは任意整理や個人再生で借金を減額することによって問題が解決出来ないか検討をしてみて下さい。

詐欺ではないのでご安心を

国が認めた借金の減額方法を実際に使ってみるには、弁護士や司法書士の事務所を訪問するというやり方もります。

ただ、いきなり弁護士や司法書士に電話相談するのもハードルが高いという方も多いです。

ですから、そういった方のために、どれくらい借金を減らせるか無料で診断を行ってくれるサービスがいろいろあります。

呼び方に関しては、借金減額シミュレーター借金減額ゼミナール借金減額チェッカーなど様々です。

実際、こういったサービスは広告で、かなり刺激的な表現をしたりする時もあるので、詐欺ではないかと心配する方もいらっしゃいます。

しかし、最終的には、弁護士や司法書士が債務整理の手続きで対応することになるので、上記でも説明をした通り、まったく怪しいものではないのです。

takeshi1

国が認めた借金の減額方法は、借金の返済で悩んでいる人であれば、基本的に誰でも利用できる方法なので、まずは、気軽に借金の無料減額診断を試してみてはいかがでしょうか?