借金返済で苦しむ人にとって、債務整理は、ある意味、最後の手段だと言えます。

もちろん、債務整理で借金問題を解決出来れば良いと思いますが、債務整理のデメリットについて心配する方も少なくないですよね。

特に、持ち家がある方は、最悪の場合、家を失ってしまうリスクが発生してしまいます。

しかし、そういった方でも、今の家に住み続けながら、債務整理をしないで解決することが実は可能かもしれないのです。

家を残して債務整理は可能なのか?

「いやいや、借金があるのに、債務整理もしないで、家に住み続けるなんて、話がうますぎるでしょう」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんよね。

ちなみに、家のある方が債務整理をするとなると、以下のような選択肢があります。

任意整理を行う

任意整理は、整理する借金を選べるというメリットがあります。

また、任意整理では、財産を持っていても、一切影響を受けることがありません

ですから、住宅ローンが残っている人でも残っていない人でも、持ち家がある方にとって任意整理は非常にメリットが大きい手続きだと言えます。

さらに、任意整理は個人再生や自己破産より費用も安いので、まずは任意整理で解決ができないか、弁護士や司法書士に相談をしてみると良いでしょう。

オーバーローンの住宅ローンがあれば個人再生

もし、住宅ローンがあり、かつ、オーバーローン(残債が住宅の資産価値を上回る場合)であれば、個人再生の手続きが有効かもしれません。

なぜなら、個人再生の手続きでは、住宅ローン特則を利用することによって、住宅ローン以外の借金を約5分の1に減らしたりすることが出来るからです。

この方法であれば、債務整理をしても家を失うことはありません。

持ち家(ローンなし)やアンダーローンの場合の注意点

持ち家があって、ローンを既に完済している場合、或いは、アンダーローン(残債が住宅の資産価値を下回る場合)でも、個人再生が出来る時もありますが、注意が必要です。

なぜなら、この場合は、結果的に弁済額が増えて、個人再生をやる意味がなくなってしまう時があるからです

ローンなしやアンダーローンだと、資産を持っていると見なされて査定額が清算価値(所有している財産を換価した価値)にプラスされます。

そして、清算価値が最低弁済額(通常は借金を約5分の1に減額した金額)を上回る場合は、清算価値が弁済額になってしまうのです

例えば、借金が500万円あった場合、個人再生を行うと最低弁済額は100万円となりますが、家の査定額から住宅ローンの残債を引いた金額が500万円あると、弁済額が500万円を上回ることになります。

ここまで弁済額が増えると、個人再生をする意味がなくなってしまいますよね。

自己破産を行う場合

持ち家のある人が自己破産を行う場合、住宅ローンがあってもなくても家を残すことは難しくなります

住宅ローンがあれば、抵当権を持っている銀行などの金融機関が売却し、住宅ローンがなくても、破産管財人によって売却されてしまうからです。

或いは、自己破産を失う前に任意売却を行って、債務を減らし、自己破産以外の方法を選択出来るかもしれませんが、今の家に住めなくなることには変わりありません。

今の家に住み続けながら債務整理もしない方法

このように、持ち家がある場合、債務整理をして、かつ今の家に住み続けることは、特に借金が大きい場合、簡単ではありません。

持ち家を残すために任意整理は最も有効ですが、任意整理の場合、将来利息がカットされて月々の返済額を減らすことが出来ても、借金自体は減らないケースが多いからです

ただ、そのようなケースでも、今の家に住み続けながら、債務整理もしないで済むという方法があります。

それがリースバックという方法です。

リースバックとは、簡単に言えば、

  • 持ち家を売却して、まとまったお金を入手する
  • 売却後の所有者と賃貸契約を結ぶ
  • 家賃を払いながら今の家に住み続ける

という方法です。

リースバックで、家を売却すれば、借金を一気に返済せる方もいらっしゃるかと思います。

また、今の家には賃貸という形で住み続けることが出来るので、引っ越しの手間は省けますし、近所の人や職場の人達に知られずに手続きをすることが可能です。

さらに、賃貸契約を結んでいる間は、固定資産税や修繕費を払う必要がありませんし、将来的に資金がたまれば、家を買い戻すことも出来ます。

実際、今の家に愛着を感じている人、家族のために引っ越しは出来るだけ避けたいと思っている人にとって、リースバックはオススメの方法だと言えます。

リースバックはどこがいい?

リースバックを利用する方法はいくつかありますが、当サイトでは、リースバック専門コンシェルジュ『家まもルーノ』というサービスをお勧めいたします。

なぜなら、『家まもルーノ』は、

  1. 無料相談&家の査定を行っている
  2. 売却時と同じ金額で買い戻すことが出来る(通常は売却時の1.2~1.3倍掛かる)
  3. 賃料の10%がポイントで還元される
  4. 全国のリース業者と提携しているの高額買取も可能

というメリットがあるからです。 

『家まもルーノ』のサービスは、こちらから無料で相談&家の査定をしてもらうことが出来ます。

>>『家まもルーノ』の無料の相談&家の査定はこちら

まとめ

持ち家がある場合でも、条件が揃えば任意整理や個人再生の手続きを行うことによって、家を残すことも可能です。

しかし、条件が合わなければ、債務整理で持ち家を失ってしまうリスクも発生してしまいます。

ただ、そういった時でもリースバックを使えば、家を売ることになるけれども、債務整理をせずに、今の家に住み続けることが可能となります。

ですから、あらゆる選択肢を考慮しながら、あなたに合った方法を探してみてはいかがでしょうか?

takeshi1

借金があって債務整理を検討しているけれども、持ち家があるので、悩んでいる方にとって、リースバックは特にお勧めなので、条件の合う人は気軽に相談をしてみて下さい。