旦那 借金 調べる方法

旦那(場合によっては妻)の借金を調べる方法について、解説をしていきます。

もし、あなたの旦那に借金癖があって、自分の知らないところで借金をしまくっているかと考えたら本当に不安になるかと思います。

そういった時は、具体的にどういった対処法があるのかについてお伝えしていきます。

基本は信用情報機関

まず、旦那の借金を最も正確に調べることが出来る方法は、信用情報機関に情報開示を行なうことです。

主要な信用情報機関は、以下の3つとなります。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構):消費者金融系列が多い
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー):信販会社やクレジットカード会社系列が多い
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター):銀行がメイン

これらの信用情報機関はお互いに債務者の情報を共有してもいます。

ただ、旦那が消費者金融から借金をしているのであれば、JICC(株式会社日本信用情報機構)から当たっていくなど、借金をしているところの系列を見ながら使い分けるようにして下さい。

情報開示の方法はこちらのページで解説しています。

CIC・JICC・ KSCの違いと信用情報開示の方法

※ただし、信用情報機関ではヤミ金からの借金は扱っていないのでご注意下さい。

本人の同意がないと情報開示は出来ない

しかし、ここで問題になってくるのは、信用情報機関への情報開示は、債務者本人、あるいは債務者から同意を得た上で委任を受けた人でないと請求が出来ないということです。

もちろん、旦那の本人確認書類(免許証やパスポート等)をこっそり使って申請することは出来るのかもしれません。

しかし、そういった行為は私文書偽造罪となりますので、旦那に無断で借金を調べるようなことはしないで下さい。

旦那に内緒で借金を調べる方法は?

旦那が借金のことを隠し通そうとしているのであれば、ある程度、自分の出来る範囲で調べる必要も出て来るかと思います。

ただ、その場合は、カードローンの明細書が送られていないか、あるいは旦那の財布に消費者金融などカードローンのカードが入っていないかチェックするぐらいで借金の正確な額を調べることは難しいでしょう。

探偵に借金調査を依頼する場合の注意点

また、探偵事務所や興信所に依頼をして、旦那の借金を調べてもらうという方法もあります。

しかし、探偵が調べる場合でも、第三者が信用情報機関を通じて借金の情報開示をすることは出来ないという原則は変わりません。

ですから、借金の正確な金額は分からなかったり、調査にかなりお金が掛かったり、また最悪の場合は、探偵が違法行為を行って調べる場合があったりしますので、十分気を付ける必要があります。

何よりも、妻が内緒で自分の借金を調べていたことを旦那が後で知ったら、さらに夫婦関係が悪化するリスクがあります。

旦那にどう借金のことを話す?

ですから、理想的には旦那さんとよく話をした上で、借金問題を夫婦で一緒に解決していこうとすることが大切です。

もちろん、旦那さんが借金を内緒にしたい気持ちは分からないワケでもありません。

しかし、これは夫婦の根本的な信頼関係に関わる問題ですし、下手をしたら離婚問題に発展しかねません。

ですので、「借金について正直に話してもらえば許すけれども、あとで発覚したら離婚するわ。」ぐらいの気持ちも必要なのだと思います。

旦那が借金をできなくする方法

また、旦那との交渉が難航しそうな場合、旦那が正直に話してくれるまで、さらに借金を繰り返す可能性があります。

そこで、事前に旦那が借金をできなくなるようにしたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。

この場合は、日本貸金業協会で、貸付自粛制度を利用するという方法があります。

この手続きは、配偶者でも旦那が借金をできなくするよう依頼することが出来るので、どうしても切羽詰まっている人は、こちらに相談してみて下さい。

借金問題は解決できることを伝えてみよう

実際、カードローンを内緒で利用している旦那さんは、借金問題は、そんなに簡単に解決できるものではないと思い込んでいるかもしれません。

しかし、債務整理の手続きを行えば、合法的に借金を減らしたり、利息をカットしたり、借金をチャラにしたりすることは十分可能です。

実際に旦那さんの借金をどれくらい減らせるかは、こちらの方法を使えば簡単に調べることが出来ます。

こういった方法も使いながら、借金問題は解決できるということをキチンと伝えた上で、一緒にがんばっていこうと前向きな姿勢を伝えながら、旦那さんにお話していくのが良いと思います。

takeshi1

旦那さんの借金癖で悩んでいる方は、”雨降って地固まる”という言葉もあるように、借金問題を解決することを通じて、逆に夫婦の絆を深めていこうというぐらいの気持ちで是非がんばって下さい。