債務整理 旦那に内緒で

債務整理を旦那に内緒で行ないたいという主婦の方は多いです。

もちろん、借金問題は旦那さんにも正直に打ち明けた方が、債務整理の手続きはスムーズに出来やすいです。

しかし、中には夫に借金のことがバレると、何を言われるか分からないし、最悪は離婚を要求されるかもしれないという事情を抱えている主婦もいらっしゃいます。

そこで、ここでは旦那に内緒で債務整理をするためのベストな方法について解説をしていきます。

個人再生や自己破産の問題点

旦那に内緒で債務整理を行なうとする方にとって個人再生や自己破産はバレる確率が高くなります。

一応、個人再生や自己破産を行なうと、国の機関紙である官報に個人情報が載ってしまいますが、旦那さんも含めて、官報は一般の人が見るものではないので、そこでバレる心配はないでしょう。

ただ、個人再生は住宅ローン以外の債務すべてを、そして自己破産はすべての債務を整理の対象としなければならないので、必然的に書類の数は増えてしまいます

さらに、裁判所に提出する書類の中には配偶者など同居する家族の給与明細も含まれているので、そこでバレてしまいやすくなります。

また、自己破産の場合は、一定の価値以上の財産を処分しなければならないので、もしそういった財産を持っている女性だと、旦那に内緒で行なうのが、かなり難しくなります。

内緒にしたいのなら任意整理

このような観点から、旦那に内緒で債務整理をしたい方には任意整理をお勧めしています。

まず、任意整理は裁判所を通さないので、必要な書類が少なくなり、同居家族の給与明細や預金通帳なども必要なくなるので、旦那に内緒で出来る確率がグッと上がります。

また、任意整理は整理する対象の債権を選べるので、ピンポイントでこっそり借金問題を解決することが可能です。

実際に任意整理の手続きで借金問題を解決できるかは、こちらのサービスを通じてこっそり調べることが出来ます。

郵送物や電話はどうなる?

任意整理を弁護士や司法書士に依頼をした後、受任通知が債権者に送られると、それ以降、債権者は債務者に対して、催促や取り立てをすることが出来なくなります

ですから、その段階で債務者に対して、郵送物や電話が来ることはなくなります。

債権者からの電話や郵送物は代理人である弁護士や司法書士に来るので、何か郵送物が来た場合は、郵便局留めで送ってもらうなどして、自宅には届かないようにしてもらいましょう。

また、弁護士や司法書士には守秘義務があるので、ちゃんと秘密は守ってもらえます。

任意整理後に気を付けるべき点

任意整理を行なった後、最後まで旦那に秘密を貫き通すためには以下の点を気を付けるようにして下さい。

月々の返済や弁護士費用は自分のお金で

任意整理を行なうと、利息制限法に基づいて払い過ぎた利息があれば、その分を借金から減額し、将来利息をカットした後、残債を3~5年にかけて返済していくようになります。

そこで発生する月々の返済額に対しては、旦那に内緒にして、やりくりしたお金で支払っていく必要があります。

また、任意整理を行った場合は、弁護士費用(あるいは司法書士費用)も掛かって来ますが、その分も含めて自分で払えるか、法律事務所に相談していきましょう。

ちなみに、お金がない人が債務整理を行なう際、法テラスに相談すれば、弁護士費用を立て替えたりしてもらうことも可能です。

ただ、法テラスは配偶者の収入も合わせた世帯収入が一定基準を超えると利用出来ません

ですから、旦那に内緒で債務整理を行ないたい方は、最初から、旦那で内緒で債務整理をしたい女性専用の窓口へ直接、相談してみて下さい。

ローンの話などが出たらどうする?

任意整理も含めて、債務整理を行なった後は、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうため、5~10年(任意整理であれば約5年間)は新たな借入が出来なくなります

その期間は、クレジットカードも持てませんが、もし、どうしてもカードが必要な場合は旦那さんにうまく理由を言いながら家族カードを作ってもらうようにして下さい。

ご主人名義の家族カードであれば、妻の信用情報が問われることはないからです。

また、夫が自分の名義でお金を借りたり、住宅ローンを組んだりする場合も、奥さんの信用情報は審査の対象にならないので、問題はありません。

ただ、奥さんが連帯保証人になる場合は、信用情報がチェックされるので、審査は通らなくなってしまいます。

(その場合も、金融機関は審査に落ちる理由を言わないので、内緒で債務整理を行なったことが、そこで旦那にバレることはありません)

旦那に内緒で借金をしている女性は多い?

2010年に貸金業法が改正されてからは、消費者金融から収入の三分の一以上は借りられなくなったので、元々収入が少ない主婦は、あまりお金を借りられるなくなりました。

また、専業主婦は収入がなくても、例外的に配偶者貸付という形で借りることも可能ですが、その場合は、旦那の同意書や収入証明書の提出が求められます。

そういった環境の変化で、債務整理が必要になるほどの借金を抱える人は減って来ています。

ただ、それでも、日本貸金業協会のアンケートでは、専業主婦の約4割は夫に借金を知らせていないという結果が出ています。

やはり、夫婦間には何らかの秘密があるというのが世の常のようですね。

takeshi1

実際、旦那に内緒で債務整理を行なうことに対して、協力的でない弁護士や司法書士もいるので、前もって事情を伝えて、キチンと協力してもらえることを確認してから、手続きをするのが良いでしょう。