個人再生の手続きを行なうと、信用情報機関に事故情報が約5年~10年間登録されてしまい、ブラックリストに載った状態になってしまいます。

そのため、個人再生後は、事故情報が消えるまで、原則として、新たなローンを組むことは出来ませんし、クレジットカードを作ることが出来ません。

逆に、既に持っているクレジットカードも使用できなくなってしまうので、ご注意下さい。

参考記事:個人再生をしたらクレジットカードは使用不可になる?

ただ、そういった中でも個人再生後に作れるクレジットカードはあるのか、お伝えしていきます。

個人再生でも作れるクレジットカードはあるのか?

専門家の方々は、どの方も、個人再生後は、最低でも5年間、長くて10年間はクレジットカードの取得が難しいと伝えています。

しかし、そういった中でも、一件だけ個人再生完済後にクレジットカードを作れた方の話がネット上にありました。

こちらの方は、個人再生後の返済中である4年後に、楽天のクレジットカードを作ることが出来たそうです。

また、その際、キャッシング枠を付けずに審査に申込んだそうですが、それも大切なポイントだと語っています。

実は、楽天カードの場合、同じ債務整理の種類の一つである任意整理後に取得された方が、それなりにいらっしゃいます。

参考記事:任意整理中に楽天カードの審査は通る?(みんなの体験談)

また、楽天カード以外にもアメックスのクレジットカードは債務整理後の審査に通りやすいのではという話があります。

参考記事:任意整理中でもアメックスの審査に通るって本当?

ちなみにアメックスは、外資系の会社ですし、年間費も他社に比べて高いので、そういった観点からも通りやすいのではと言われています。

もちろん、実際にこれらのクレジットカードの審査には、必ず通るという保証はありませんし、申込みをされる際は、あくまでも自己責任ということになりますが、一つの情報としてご参考にして下さい。

より確実にクレジットカードを作りたい場合は?

しかし、個人再生後にクレジットカードを作ると、再び借金生活に陥る危険性があるリスクがあることを忘れてはいけません。

たとえ、ショッピング枠だけを使う場合でも、リボ払いなどを利用したら、すぐに残債が増えてしまいます。

下手をしたら、2回目の債務整理をするリスクも出て来ますし、その場合は、より厳しい対応を強いられるので、十分ご注意下さい。

参考記事:2回目の債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)は可能?

ですから、やはり原則としては、個人再生後、約5年~10年後に事故情報が消えるまでは、本人名義のクレジットカードは作らず、デビットカードや家族カードで極力対応されることをオススメいたします。

また、信用情報機関で事故情報が消えているかを確認したい場合、クレジットカード会社は基本的にCICという信用情報機関の情報を照会するので、そちらに情報開示請求をしてみてください。(1,000円ぐらいで出来ます)

参考記事:CIC・JICC・KSCの違いと信用情報開示の請求方法

takeshi1

原則として個人再生後は約5~10年間クレジットカードは作れないということを踏まえた上で、クレジットカードを作りたいと思っている方は、弁護士や司法書士に一度、相談をしてみて下さい。