借金 裁判所 呼び出し 無視

借金で簡易裁判所から呼び出しが来ても、それを無視しているとどうなるのでしょうか?

裁判所から呼び出しを食らうと怖くなって、無視したくなる気持ちも分からない訳ではありません。

しかし、そういった通知を無視するとかなり悲惨な事態が待っています

ただ、そういったピンチに陥った方でも、こちらの方法で借金がどれくらい減らせるか調べて、借金問題を解決された方はたくさんいらっしゃいます。

訴状での呼出しを無視すると

借金を滞納して滞納を続けていると債権者から、訴状が送られてくる場合があります。

そこで送られてくる郵送物の中には、いわゆる裁判所に来るべき期日を明記した呼出し状が入っています。

通常は、答弁書を提出して裁判所に行かなければならないのですが、その呼出しを無視するとどうなるのでしょうか・・・

その場合、簡易裁判所は

「あぁ、訴状の内容には何も文句はないのね。」

と判断され、原告側すなわち債権者側の主張が全面的に受け入れられた形で判決が出るようになります。

これを欠席判決と呼んでいます。

民事裁判の支払い命令を無視すると

ただ、ここで支払い命令が出た後も、その判決を無視していると、今度は給与や財産が差し押さえられることになります

給与が差し押さえられるケースについては後述していきます。

支払督促の通知を無視すると

また簡易裁判所からは訴状ではなく、支払督促という形で通知が来る場合があります。

支払督促が来たら、裁判所が指定したやり方でお金を支払わなければならなくなります。

その場合は2週間以内に異議申し立てをしなければ、債権者は裁判所に対して仮執行宣言の申立てを行なうようになります

すると、裁判所からは仮執行宣言付き支払督促が送られ、それを債務者が受け取った後、債権者は差し押さえの申立てを行なうことが可能となります。

しかし、だからと言って無視を続けていると、こちらに書いてあるように、悲惨な道が待っているのでご注意ください。

給与が差し押さえられる場合は?

例えば、給与が差し押さえが行なわれる場合、その全額が差し押さえになるということはありません

そうなってしまうと、債務者は生活が出来なくなってしまうからです。

ですから、差し押さえが可能な額は、給与から税金(所得税、住民税、社会保険料等)を差し引いた額の四分の一までとなっています。

ただ、残りの四分の三の金額が33万円を超える場合は、超えた分は全額差し押さえとなるのでご注意下さい。

会社には思いっきりバレる

この場合、残りの四分の三は差し押さえの対象とならないからラッキーと考える人がいるかもしれません。

しかし、裁判所からの差し押さえの通知(債権差押命令)は、勤務先に直接届きますので、そこで会社には借金のことが思いっきりバレることになります。

一文なしの場合は時効が来るまで待つ?

ただ、中には、

「差し押さえられるものがないから平気だ」

と開き直って、確定した判決内容が時効を迎えるまで放置しようとする人もいます。

しかし、確定判決内容の時効は10年と、民法第174条の2第1項で定められています。

その間、差し押さえをされたくない場合は、無一文の生活をずっと続けなければならなくなります。

借金で簡易裁判所から訴状や支払督促が来た場合の対処法

takeshi1

このように裁判所からの呼出しや通知を無視していると、どんどん泥沼にハマっていきますので、そうなってしまう前に、弁護士や司法書士に早めに相談するようにして下さい。