50代 生活苦

50代に多額の借金を抱え、生活苦になると非常に厳しいものがありますよね。

昔は、終身雇用と年功序列が当たり前の時代だったので、50代になれば給料も貯金も増え、年金生活も問題なく、余裕を持っている人がたくさんいました。

しかし、今は、50代で借金まみれとなり生活苦に陥っている人達がたくさんいらっしゃいます

ここではその理由と乗り越えるための対策法について解説をしていきます。

50代の借金の平均

総務省統計局が公開している平成29年の家計調査報告によると、二人以上の世帯における50代の貯蓄と負債(借金)の平均は以下のようになっています。

  • 貯蓄:1,699万円
  • 借金:617万円

50代の人達は、40代、あるいは40歳未満の人達に比べると、貯蓄は増え、借金は得る傾向があります

しかし、これはあくまでも平均的な数値であり、人によっては、借金が増えて、生活苦になるケースも出て来ます

50代で生活苦になる理由

私が働いていた弁護士事務所で、50代で生活苦になって相談に来られた方がいらっしゃいました。

その方は、50代になって支出が増えるけれども、収入が減るという生活苦になる典型的なパターンにハマっていました。

その方は、高校生や大学生のお子さんがいて、教育費は年々上昇し、家計をジワリジワリと圧迫していました。

「これから本格的にお金が掛かってくるよね。」と奥さんと話をしていた矢先に、会社の業績が悪化して、リストラに遭ってしまったそうです。

参考記事:旦那が突然のリストラで借金まみれに!住宅ローンがズシリ

何とか、アルバイトを始めることが出来ましたが、収入は激減。

元々、住宅ローンもあったので、貯蓄を作れるような状況ではなく、教育費や生活費の足らない分は、借金をして補っている内に、段々、お金が回らなくなってきてしまったそうです。

50代は収入が減りやすい

50代で借金を抱えたり生活苦になったりする人を見てみると、

  • 会社で正社員だった人が、契約社員に格下げとなって、給料もガクンと下がってしまった。
  • 熟年離婚で一気に老後の生活プランが崩れてしまった。

など、いろいろなパターンがあります。

そういった50代の人達に共通していることは、50代から収入が伸び悩み(あるいは下がり)、生活苦に陥って、逆にたくさんの借金を抱えてしまうということです。

住宅ローンや教育費など、収入が伸びやすい30代や40代の内に、かなりの部分で支払いを終えていれば良いのですが、50代までズルズル引きずってしまうと、収入が下がる中で、苦しい状況に追い込まれやすくなってしまうのです。

50代の借金苦・生活苦をどう乗り越えるか?

では、50代の借金苦や生活苦を乗り越えるには、どうすれば良いのでしょうか?

家計の見直しを

まず、50代になれば、収入が下がることを想定した上で、家計を見直す必要があります。

子供が大学を卒業して、自立したのであれば、より安い家賃の家に引っ越すなど、ダウンサイジングすることも選択肢の一つです。

ほとんどいないとは思いますが、もし、パチンコとかやっている人がいたら、将来のために今すぐやめるようにして下さい。

60代になれば、収入はさらに減っていきますので、老後の生活に向けてライフスタイルを変えていくことも大切です。

収入を増やす取り組みを

ただ、節約生活だけでも、借金が減らない場合は、収入を増やす努力をしていくしかありません。

もし、奥さんや子供で働ける人がいれば、お願いをして、パートや派遣などでも良いので働いてもらいましょう

一家の大黒柱であるお父さんが、家族にそんなことをお願いするのは恥ずかしいかもしれませんが、生活苦になりそうな時は、そんなことは言ってられません。

また、自分でも副業をしながら、収入の柱を増やしていく必要があります。

また、転売やネットビジネスなど資金の要らない形で自分でビジネスを始めて道を切り拓いていく50代の方もいらっしゃいます

参考記事:ネットビジネスでお金を稼げるアフィリエイト

うまく今まで自分が培ってきたスキルを活かせば、意外とうまくいくケースもあります。

とにかくガムシャラに生きていく中で、人生は何とかなっていくところがあるからです。

あと、借金が多くて大変な方の中には、こういった方法を通じて借金を一気に減らして、老後の不安も減らし、新たな出発をしていく方もかなりいらっしゃいます。

50代は老後に入る前の最後のチャンス

50代で収入が減り、借金苦や生活苦になると、絶望して嘆く人もいるかもしれません。

しかし、60代以降になると、お金を稼ぐのは、もっと厳しくなります

そういった意味で、50代は老後に入る前の最後のチャンスだと思って、そのチャンスを最大限生かすようにして下さい。

確かに30代や40代の頃に比べれば、体力は確実に劣っているかもしれません。

しかし、60代や70代の人達に比べれば、50代はまだまだ若いですし、働き盛りなのです。

過去から見た自分は最も歳をとっていますが、未来から見た自分は一番若いので、是非、希望を持ってがんばって下さい。

takeshi1

借金があれば、早めに精算しておいて、あとは、少しでも貯蓄を作って、60代以降でも出来る仕事を見つけて、優雅な老後生活を過ごせるよう願っています。