個人再生 履行テスト

個人再生では、手続きが完了をした後、弁済をきちんと履行していくことが出来るかテストが行なわれます。

そのテストを履行テスト(履行可能性テスト)といます。

ここでは、個人再生での履行テストの流れや期間、そして返金や返還がされるかについて解説をしていきます。

履行テスト(履行可能性テスト)の流れ

履行テストは、個人再生の申立てを行ってから1週間以内にスタートします。

個人再生の申立てを行った人は、本来、再生計画案が認可された後、月々に支払っていく金額と同じ額を支払う、あるいは積み立てていくようになります。

このテストは、小規模個人再生でも給与所得者個人再生のどちらの場合でも行なわれるようになります。

小規模個人再生とは?そのメリットとデメリット

実際、個人再生の手続きで、この履行テストは再生計画案を認可する上で、非常に重要な要素となってきますので、裁判所の指示に従って、しっかり履行テストを行なうようにして下さい。

また、履行テストを行なう場合は、

  • 東京地方裁判所:分割予納金を裁判所に支払う
  • 大阪地方裁判所などその他の地方裁判所:手元の通帳に積立金を納めて、積立状況報告書を裁判所に報告

という形にそれぞれ分かれます。

分割予納金の支払いの期間(積立期間)は?

履行テストでの支払いは月に1回のペースで行ない、一般的には6回、支払いを行なっていくようになります。

ですから、支払い期間(積立期間)は半年となります。

ただし、裁判所が弁済能力があると判断した場合は3回ぐらい(3ヶ月)で終わる場合もあります。

履行テストが失敗すると

履行テストを行なっていく上で重要なのは、コツコツと支払いや積立てをしていくことです。

分割予納金の場合、履行テストでは一括払いも出来ませんし、逆に正当な理由がないのに、支払いが遅れてはいけません。

また、積立金の場合は、途中で積立金用の預金口座からお金を引き出してはいけません。

もし、支払いが遅れたり、積立金を引き出したりすると、履行テストは失敗と判断され、再生計画案が認可されなくなり、個人再生自体が失敗(申立ての段階からやり直し)ということになってしまいます。

返金・返還はしてもらる

東京地方裁判所の場合、履行テストで支払ったお金は、そこから個人再生委員に対する報酬(15万円、弁護士を立てていない場合は25万円)を差し引いた上で、弁護士に返還されます。

さらに、そこから、弁護士費用などを差し引いた残った金額が本人に返金されるようになります。

一方、大阪地方裁判所など他の地方裁判所では、原則として再生委員委員は選出されません

ですから、履行テストで積立てたお金は、別の費用で差し引かれることなく本人の手元に残ることになります。

ちなみに、そのお金は弁済に充てても構わないのですが、この積立金は清算価値に追加されません

通常、清算価値が最低弁済額を上回ると、弁済額を清算価値に合わせないといけなくなり、最終的な弁済額が増えてしまうのですが、積立金は清算価値に含まれないので、その心配はないのです。

takeshi1

個人再生は、履行テストも含めて、債務整理の中でも、かなり複雑な手続きとなってきますので、弁護士によく相談しながら手続きを進めるようにして下さい。