借金苦でうつ病になると負のスパイラルにハマってしまいます。

うつ病になると、仕事が出来ず休職に追い込まれ、返済が出来なくなり、ますます借金が膨れ上がってしまうからです。

ではそんな時、どうすれば借金苦の悪循環から抜け出すことが出来るのか解説をしていきます。

借金苦によるうつ病の症状

借金苦によるうつ病の症状としては以下のようなものがあります。

気持ちが落ち込む

借金がどんどん増えてしまうと、それだけでストレスを感じて、気持ちが落ち込む精神状態に陥ってしまいます。

不安や絶望感

借金苦になることによって「これからの生活が一体どうなってしまうのだろう」という不安に襲われたり、「借金苦のまま、悲惨な老後を迎えてしまうのではないか」という絶望感に襲われてしまう状態です。

やる気がなくなる

借金苦から脱出するために、一生懸命がんばって返済しようとしても、金利が高いので、なかなか借金が減らない状態が続くと、気持ちがプツンと切れることがあります。

そして、一気にやる気がなくなるうつ病の典型的な精神状態に陥ってしまうケースがあります。

食欲不振または過食

借金苦によるストレスで、食事がのどを通らなくなってしまう症状です。

また、これとは逆に、借金苦のストレスを紛らわすため、たくさん食べ過ぎてしまう方もいらっしゃいます。

性欲が落ちる

借金苦でうつ病になると、他のことに関心が行かなくなります。

その代表的なものが性欲で、性的なものへの関心が一気に薄れてしまう症状です。

呼吸が苦しくなる

借金苦で、気持ちが苦しくなるだけでなく、呼吸も来るしくなってしまう症状です。

借金苦でうつ病になったら精神科へ

借金苦でうつ病になると、お金の管理ができない状態となり、ますます借金返済が難しくなってしまいます。

ですから、うつ病の症状を改善するためにも精神科を受診されることをオススメいたします

精神科だと、抵抗を感じるので、心療内科の方が行きやすいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、心療内科は心の病気が体の症状に表れた場合に受診するところです。

ですから、うつ病のように、心の症状そのものを扱う場合は、精神科へ行かれる方が良いということになります。

借金苦の原因を断ち切るために

ただ、いくらうつ病の治療を病院で行っても、うつ病の根本的な原因である借金苦の状態が解消されなければ、本当の意味での解決にはなりません

ですから、その場合は、債務整理を通じて、借金を減額したり、チャラにされたりすることをオススメいたします

もし、仕事をすることが可能であれば、任意整理や個人再生の手続きで対応が可能な場合もあります。

また、うつ病で休職していたり、無職になっていたりして、当分、収入が見込めない場合は、自己破産を行なうという方法もあります。

その後も収入が見込めない場合は、生活保護を受けるという方法もあります。

このように借金苦から脱出する方法は、その方の状況に応じて、いろいろ見つけることが可能です。

債務整理と生活保護の関係

ただ、実際に、借金苦の状態が解決されると、希望を持てるようになって、うつ病を克服し、またがんばって働く気力が湧いてくる方も多いです。

そういった意味で、債務整理は借金苦とうつ病の克服の両方に対して効果がある方法だと言えるのです。

借金苦のうつ病で悩んでいる人の特徴

実際、借金苦でうつ病になってしまう人は、基本的に真面目な方が多いです。

「何とか借金を自分の力で返済しなければ」と一人で悩みを抱え込んでしまっているパターンがよく見られます。

ですから、そういった方は、借金苦の相談を弁護士や司法書士などに相談するだけでも、希望を感じて気持ちが楽になり、うつ病の状態が改善されることもあります

実際、うつ病を放置しておくと、夫婦関係がこじれて離婚に到ってしまうケースもありますし、最悪は自殺をしてしまう人もいます

借金苦で死亡(自殺)しなくちゃいけない人は一人もいない

なので、借金苦でうつ病の症状が出てきたと感じたら、一日でも早く専門家に相談されることをオススメいたします。

takeshi1

借金苦でうつ病になっても、そこから立ち直れる道は必ずありますので、まずは専門家に相談するという最初の一歩を踏み出すようにして下さい。