任意整理 個人再生 切り替え

任意整理は個人再生に比べて手続きが簡単ですし費用が安く済むのでオススメです。

ただ、任意整理だと借金問題が難しいケースもありますので、その場合は、手続きの途中で個人再生へ切り替えをすることは可能です。

ただ、判断がずれ込んでしまうと余計な費用が掛かったりする場合もあります。

ここでは、任整整理から個人再生へ切り替えをすべきか判断するポイントや切り替えをする場合の注意点について解説をしていきます。

切り替えをするべき条件は?

まず、任意整理から個人再生へ切替をした方が良い条件についてお伝えしていきます。

月々の返済額を支払うことが難しい場合

任意整理では過払い金が発生していると残債を減らすことが可能ですが、過払い金が発生していなければ残債は減りません

もちろん、任意整理では将来利息をカットできるケースが多いので、それによって月々の返済額を減らすことは可能です。

ただ、元々の借金の額が大きいと、毎月の返済額もその分、大きくなってしまうため、安定した高い収入がないと任意整理では手続きが難しくなってしまいます。

例えば、借金が600万円で任意整理をしようとした場合の返済シミュレーションはこちらの記事に書いてあります。

借金600万円を債務整理する場合の返済シミュレーション

また、借金700万円でも任意整理で解決した人の事例などはこちらの記事でご紹介しています。

700万円の借金を債務整理!

ただ、基本的に借金が600万円や700万円になってきた場合は、任意整理から個人再生へ切り替えをした方が良くなるケースが多くなります。

個人再生では、基本的に借金を約5分の1に減らすことが可能で、任意整理に比べると借金の減額幅が格段に大きいというメリットがあるからです。

実際、任意整理や個人再生でどれくらい借金が減らせるかは、こちらの方法で簡単に調べることが出来ます。

債権者が交渉に応じてくれない時

任意整理はあくまでも任意の交渉なので貸金業者によっては和解に応じてくれない場合があります

ですからその場合は、裁判所を通じて法的手続きによって行なう個人再生によって解決した方が良いということになります。

任意整理に応じない会社はある?

個人再生のデメリット

ただ、その一方で個人再生にはデメリットもあります。

ですから、任意整理から切り替えを行なう場合は、事前にその点も把握しておく必要があります。

住宅ローン以外の債務がすべて対象となる

任意整理の場合は、整理をする債務を選択出来ますが、個人再生の場合は、住宅ローンを除くすべての債務を対象にしなければならなくなります

そのため、車のローンや保証人(連帯保証人)のついた債務を整理の対象から外したくても、外すことは出来ないため、車を失ったり、保証人に迷惑を掛けたりしてしまう確率が高くなります。

家族にばれやすくなる

任意整理から個人再生に切り替えると、必要書類は格段に増えます

その分、家族にバレる確率も高くなってしまいます。

個人再生は内緒で行なうことは可能?バレないための条件は?

反対する業者もある

個人再生の手続きを行なう場合は、小規模個人再生か給与所得者等再生のどちからを選択するようになります。

小規模個人再生の方が最低弁済額(最終的に返済する金額)を小さくしやすいので、約9割の方は、こちらの手続きを選択します。

ただ、小規模個人再生は再生計画案を提出した際、反対する業者が半数を超えるか、反対する業者の債権の総額が全体の半分を超えてしまうと、再生計画案が認可されなくなってしまいます

その場合は、給与所得者等再生を選択するしかないのですが、その場合は、あまり借金が減らないケースも出て来ます。

そうなると、条件によっては自己破産を選択せざるを得ないケースもあるので注意が必要です。

官報に載る

個人再生の手続きは、任意整理と違って裁判所を通じて手続きとなるため、官報という国が発行する機関誌に個人情報が載ってしまいます。

官報は一般の人が見ることはまずないのですが、ずっと残ってしまう記録ではあるのでその点は認識しておく必要があります。

個人再生で官報に掲載されるのは3回!そのタイミングは?

判断が遅れると費用がかさむ場合も

任意整理から個人再生への切り替えをする場合、一つ気を付けないといけないのは、そのタイミングです。

一番理想的なのは、やはり出来るだけ早い段階で、任意整理と個人再生のどちらら良いか適切な判断することです。

弁護士や司法書士に支払う費用は個人再生の方が任意整理よりも高くなりますが、切り替えのタイミングが早ければ、その差額分を支払うだけで済む可能性が高くなります。

しかし、タイミングがずれ込めばずれ込むほど、その分、追加料金が掛かる可能性が掛かりやすくなってきます。

一番良くないのは、任意整理後に個人再生を行なうことです。

時々、和解をして、残債を分割返済している途中で、返済が難しくなった段階で任意整理から個人再生へ切り替えを行なう方もいらっしゃいます。

そういった手続きも可能ではありますが、二度手間になってしまう分、面倒であることには変わりがありません。

任意整理後に支払いが遅れてしまった場合の対処法

切り替えという余計な手間を防ぐために

任意整理と個人再生のどちらにすべきか判断が難しいケースもありますが、そこで間違った選択をしないためにも、最初から債務整理に強い法律の専門家に相談することが大切です。

もちろん、弁護士や司法書士は誰でも債務整理の手続きに対応していますが、慣れていない人に頼んでしまうと、あなたに合わない手続きで進めてしまうことにもなりかねないからです。

やはり切り替えというものは手間が掛かるものなので、そういった手間は掛からないようにするのが理想です。

takeshi1

任意整理から個人再生への切り替えという形ではなく、最初からビシッと、どの手続きにするか決めるのが最も効率が良いので、そのためにも専門家にしっかり相談するようにして下さい。