エステローン 払えない

エステローンが払えない場合は、どうすれば良いのでしょうか?

実際、キレイになりたいという願望は女性の本能なので、ついつい高額なエステローンを組んで分割払いすることになった後、払えなくなるケースは出て来るものですよね。

その場合、契約の内容をきちんと整理した上で、まずは中途解約をしていく必要がありますが、期限切れで解約できない場合もあります。

その場合も含めた対処法をここでは紹介していきます。

エステローンをしている場合の契約の内訳

エステサロンでエステローンを組んでいる場合、そこには2つの契約が存在しています。

  • エステ会社(エステサロン)との契約
  • ローンを組んだクレジット会社(信販会社など)との契約

もし、エステローンを払えない場合は、まず、エステ会社に対して中途解約の手続きを行ない、その上で、ローン会社(クレジット会社)との契約を考えるという順番で行っていきます。

エステ会社との中途契約について

エステ会社との契約を解除したい場合は、特定商取引法の第48条と第49条の観点から以下のように切り分けることが出来ます。

  • 契約から8日以内の場合:クーリングオフ
  • 契約から8日を過ぎている場合:中途解約

契約から8日を過ぎていると、中途解約という流れになりますが、その場合、以下の条件を両方共、満たしていれば中途解約が可能です。

  • 契約期間が1ヶ月を超えている
  • 契約金額が5万円を超えている

ここで中途解約する場合の理由は問われないので、その点ではご安心下さい。

上記の内容は、国民生活センターのサイトでもしっかりと解説しています。

またクーリングオフも中途解約も、書面によって契約解除の意志を明確にしておくことが大切です。

中途解約をした場合の違約金は?

中途解約をした場合の違約金は以下の内で、安い方の金額が適用されます

  • 受けていないコースの料金総額の10%
  • 20,000円

つまり違約金の上限は20,000円ということになります。

そして、全体の契約金額から、違約金と既に利用したサービスの金額が差し引かれた分が返金されるということになります。

契約期間切れの場合は中途解約が出来ない

ただし、上記の中途解約が出来るのは、契約期間切れになっていない場合でのお話です。

契約期間切れになっていると中途解約が出来ないのでご注意下さい。

エステの解約で揉めてしまったら?

もし、エステの解約に関して、契約期限切れの問題などが生じて、会社側と揉めてしまった場合は、消費生活センター(消費者センターと呼ぶ人もいます)へ相談をすると良いでしょう。

最寄りの消費生活センターはこちらから探すことが出来ます。

それでもエステローンが払えない場合

エステ会社との中途契約を行ない、返金された分はエステローンの支払いに充てることが可能です。

また、契約によっては中途解約をした後、残債の一括返済を求められることもありますが、その場合は、分割払いが可能かどうか交渉をして下さい。

しかし、それでもエステローンが払えないケースや契約期限切れで中途解約自体が出来ない場合はどうすれば良いのでしょうか?

エステローンが払えないからといって滞納をしていると未払い分に対して、損害遅延金が発生するだけでなく、ローン会社(クレジット会社)からの取り立ては以下のような流れでどんどんエスカレートしていきます

  1. 催促状や督促状が届く
  2. 期限の利益を失い、一括返済を求められる
  3. 裁判所から仮執行宣言付支払督促催促支払い命令が来る
  4. 2週間以内に異議申し立てが出来ないと裁判所に財産や給料が差し押さえられてしまう

もちろん、エステローンの支払いが出来ず、滞納を続けていると信用情報機関に事故情報が登録され、ブラックリスト状態になってしまいます。

エステローンの時効は?踏み倒しは可能?

エステローンが払えない人の中には、時効が来るまで逃げて、踏み倒しが出来ないか考える方もいらっしゃいます。

エステローンの時効はカードローンなど一般の借金と同じく5年となっています。

しかし、時効を迎えるまで逃げるのは、ほぼ不可能です。

なぜなら、エステローンの時効は、債権者となっている信販会社が、裁判上の手続きを行ったり、裁判所から差し押さえ・仮り差し押さえ・仮処分を受けたりすると、簡単に中断、あるいはやり直しになってしまうからです。

参考記事:借金返済をしないで時効が来るまで待つのはこんなに大変!

エステローンの借金相談がしづらい場合は?

ですから、どうしても、エステローンが払えない場合は、状況が悪化する前に、早めに弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。

ただ、エステローンの支払いが出来ず、悩んでいる女性の中には、男性の弁護士や司法書士には相談しづらいし、旦那に内緒で借金問題を解決したいという方もいらっしゃるかと思います。

そういった方には、女性スタッフが対応をしてくれて、かつ秘密も厳守してくる借金相談サービスをご紹介しているので、気軽に利用してみて下さい。

任意整理での解決も可能

エステローンが払えず、弁護士や司法書士に相談して、債務整理の依頼をすれば、債権者である信販会社に受任通知が送られ、すぐに取り立てが一時的にストップします

また、弁護士や司法書士に相談をすると自己破産を勧められるのではないかと心配する方もいらっしゃいます。

しかし、エステローンは債務整理の中で最も手続きが簡単な任意整理で解決することも可能です。

任意整理では、滞納していた時に掛かった損害遅延金や将来的にかかる手数料(将来利息)を原則としてカットすることが出来ます

エステローンは金利の相場が15%~18%と通常のキャッシングやクレジットカードの金利と変わりません

ですから、任意整理を行なうことによって、最終的に支払う手数料(利息)の金額を一気に減らすことが可能となります。

また、残債に関しても、弁護士や司法書士を通じてエステローンの債権者と和解契約を結び、3年~5年で分割返済することが可能となるため、月々の返済額も減額できます

任意整理は裁判所を通さずに行う手続きということもあり、旦那に内緒でエステローンの借金問題を解決出来る可能性が高いです。

ですから、まずはどれくらい借金を減らせるか、無料診断を受けてみることをお勧めいたします。

任意整理が難しい場合でも、個人再生でエステローンの残債を裁判上の手続きで大きく減額できる場合もあります。

また、最後の手段として自己破産の手続きがありますが、弁護士を通じて依頼をすれば、スムーズに行なうことも可能です。

一方、債務整理を行なうと、ブラックリストに約5年~10年間登録されてしまい、その期間はクレジットカードを作ったり、キャッシングをしたりすることが出来なくなります。

ここら辺は債務整理のデメリットとなりますが、それでもエステローンを払えないストレスや取り立ての苦しみからは解放されるので、あまり気にならない方の方が多いです。

エステローンが払えない人の中には「エステローンには過払い金が発生しているのではないか」と思っている人もいますが、気になる方はこちらの記事をご覧ください。

>>エステローンは過払い金請求ができる?

takeshi1

エステローンが払えない場合、放っておくと事態はどんどん深刻化していくので早めに弁護士や司法書士など法律の専門家に相談して対応するようにして下さい。