借金癖 カウンセリング

借金癖がどうしても治らない場合は、カウンセリングを受けるというのも一つの方法です。

そのためには、どこへ相談すれば良いのでしょうか?

ここでは、カウンセリングを受ける場合の相談先や借金自体をなくす方法についてご紹介していきます。

借金癖は病気?

借金癖は、借金をするための原因があって初めて成立します。

例えば、

  • 買物依存症(浪費癖)
  • ギャンブル依存症
  • アルコール依存症

などがあります。

もし、こういった依存症の状態を自分で脱することが難しい場合は、借金癖の病気に掛かっている可能性が高いと言えるでしょう。

借金癖の人が持つ心理

借金癖がついてしまった人は、

  • お金を借りられると借りられないと損をしている
  • お金を借りて手元にあったら儲かったと錯覚している

という心理が働いてしまうと言われています。

普通の人は100万円借りると、いつかは100万円を返さないといけないプレッシャーに襲われます。

しかし、借金癖のある人は、そこで100万円得したという心理になってしまうのです。

自分の力や家族の協力で借金癖が治ったケースも

もし、借金癖になっても自分の力や家族の協力によって解決できる場合もあります

例えば、以下のような方法で借金癖が治った人もいらっしゃいます。

  • 身分証明書は全部、奥さんなど家族に預けてしまう
  • お金を持つのは最小限にする
  • 借金癖が治らなければ離婚すると奥さんから言われる(ショック療法)

ただ、それだけで治らない場合は、借金癖の病気が深刻だと言えますので、以下の方法でカウンセリングを受けることをお勧めいたします。

借金癖のカウンセリングを受けたい場合の相談先

精神科・診療内科

症状が深刻な場合は、思い切って、病院へ行って借金癖についてカウンセリングを受けるのも良いでしょう。

カウンセリングを受ける診療科は、精神科か心療内科のどちらかになります。

精神科は精神疾患という観点から治療をして、心療内科は依存症などの心の問題が体に表れているかという観点から治療をしていくという違いがあります。

気軽に受診しやすいのは、心療内科になりますが、ご自身の症状に合わせてカウンセリングを受けるようにして下さい。

公的機関でカウンセリングしてもらう

厚生労働省では、全国の精神保健福祉センターをサイトで紹介しています。

こちらの一覧表を見ながら、最寄りの精神保健福祉センターへ連絡して、借金癖のカウンセリングを受けてみるのも一つの方法です。

自助グループに参加してみる

自助グループは、ギャンブルや借金への依存症からの回復を目指す人達が集まってお互いの経験を共有しながら、依存症を直していくプログラムです。

カウンセリングとは違いますが、同じ悩みを抱えている人達と気持ちを共有することで、借金癖が治ったという人もたくさんいらっしゃいます。

有名な団体としては、GA日本インフォメーションセンターというところがあり、全国で定期的にミーティングを開催していて、無料で参加することが可能です。

借金自体をなくす方法

ただ、借金癖のカウンセリングを受ける場合は、同時に行なうべきことがあります。

それは、借金自体をなくすということです。

実際、借金癖のカウンセリングを受けても、借金自体は減りません

ですので、借金問題自体は弁護士や司法書士など法律の専門家を通じて債務整理を行なうことをオススメいたします。

債務整理でどれくらい借金を減らせるかはこちらの方法で簡単に調べることが出来ます。

また、債務整理を行なえば、約5年~10年はブラックリストに載ってしまうため、新たな借金が出来なくなるというデメリットがあります。

ただ、借金癖の人にとっては、借金の習慣を断ち切るきっかけになるとも言えるので、まずは気軽に無料相談を受けてみて下さい。

takeshi1

借金依存症になってしまった場合は、心の問題とお金の問題と両方の観点から同時進行で解決していくことをお勧めいたします。