クレジットカードを使い過ぎて、借金が膨らみ、返済が出来なくなってしまった方は、債務整理で解決することも可能です。

今回は、イオンカードやセディナカードで借金を任意整理した方の体験談をご紹介していきます。

ただ、体験談をご紹介するだけだと、ピンと来ない方もいらっしゃるかと思いますので、簡単な補足説明も加えていきます。

イオンとセディナの借金を債務整理した方の体験談

転職の繰り返しで返済が困難に

私は女性で債務整理をした当時は30歳代でした。

借金をした理由は、急な出費が続いたため、お金が必要になってしまったことです。

そして、転職を何度も繰り返してしまったため、生活や収入が安定しなくなり、返済が困難になってしまいました

お金が足らなかった分は、イオンとセディナ、二つのクレジットカード会社からの借金が増えていきました。

イオンカードは、イオンで買い物をしていた時に便利ですよ店員さんから勧められて申し込みました。

セディナカードに関しては、元々は、OMCカードだったのですが、当時のダイエーで、申し込んだら、作れてしまったんですね。

その時は、「クレジットカードは簡単に作れちゃうんだなあ」と思っていましたが、カードを作った頃、それが自分に首を絞める結果になってしまうとは夢にも思っていませんでした

借金や月々の返済額は、キャッシング枠・ショッピング枠も合わせて、

  • イオンカード:借金68万円で月々の返済額は16,000円
  • セディナカード:借金70万円で月々の返済額は20,000円
  • 合計:借金130万円で月々の返済額は38,000円

という状況でした。

消費生活センターに借金の相談

私はとにかく完済しようと努力はしていました。

しかし、人間関係がうまくいかずに転職を繰り返したことが原因で完済が難しくなり、2010年の5月に債務整理をしようと決めたのです。

ただ、最初は、いきなり弁護士事務所へ行くのもハードルが高いと思ったので、市役所の消費生活センターへ相談に行きました

>>公的機関で借金相談ができる所の一覧&もっと効率的な方法

そこで、職員の方に弁護士事務所を紹介して下さったのです。

弁護士事務所の方は、忙しくてうまく相談できないことが多かったのですが、とにかく「お支払いはしなくてよいです。イオンとセディナにこちらから話しをします」と言われたので、そのとおりにしました。

半年後だったと思うのですが、弁護士事務所から手紙が来て読んでみると借金や月々の返済金額が以下のように減っていたのです。

  • イオンカードの借金;30万円に減額、月々の返済額は5,000円
  • セディナカードの借金:32万円に減額、月々の返済額は6,000円
  • 合計:借金は62万円に減額、月々の返済額は11,000円
  • というところまで、借金を減らすことに成功したのです。

    債務整理は初めてで、どんなものかわかりませんでしたが、借金だけでなく、毎月の支払いも軽減できたので本当に良かったと思っています

    債務整理中も転職を繰り返し、支払いが遅れかかったことがあったこともありましたが、最終的には無事にイオンもセディナも完済できたときは本当にうれしかったです。

    任意整理後の心境の変化

    任意整理をした後は、「もうカードを作るのは辞めよう、カードを作るとまた返済ができなくなるし、自分が苦労するだけだ」と、強く思いました。

    もちろん、任意整理が終わってから5年ぐらい過ぎれば、またクレジットカードは作れるようになりますよ、弁護士の方から言われていたのですが・・・

    結局、完済した後も、カードを作らないようにしながら、現在に到っています。

    まとめ(補足)

    こちらの任意整理の体験談を寄せて頂いた女性は、2010年に債務整理をされました。

    ちょうどその頃は、2007年~2010年にかけて、改正貸金業法が施行された後だったことも幸いしたのかもしれません。

    イオンカードやセディナカードは、ショッピング枠だと、払い過ぎた利息(過払い金)は発生しません

    しかし、イオンカードであれば2007年3月以前、セゾンカードであれば、前身のOMCカード時代からキャッシング枠を利用していた人は、過払い金が発生する可能性があります。

    また、改正貸金業法が施行される前からクレジットカードのキャッシング枠を利用していなかった方でも、任意整理は将来利息をカットすることによって月々の返済額を減らせるというメリットがあります。

    takeshi1

    ですから、イオンカードやセディナカードの返済で悩んでいる方は、まず、どれくらい借金を減らすことが出来るか、弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談してみてはいかがでしょうか?