自己破産 車

自己破産をすると車を手放すことになる可能性が高くなります。

実際、生活をしていく上で車が欠かせない人にとって、この問題はかなり厄介ですよね。

しかし、場合によっては車を残せる道もありますので、その条件や対策について解説をしていきます。

車のローンを完済していない場合

まず、車のローンを完済していない場合ですが、多くの方は車のローンは、信販会社やディーラーを通じてローンを組んでいます。

その場合は、ローンを完済するまで所有権はローン会社にあることを定めた所有権留保特約がローン契約に付いています。

自己破産をする際は、すべてのローンや借金を対象にしなければなりません。

ですから、名義がローン会社にある段階で自己破産を行った場合は、残念ながら車は引き上げられてしまうということになります。

ただ、銀行のマイカーローンを組んでいる場合は、返済途中でも車の名義は債務者本人にありますので、後は、車を換価した額(査定額)が20万円を超えているかが問題となってきます。

車のローンの一括返済はリスクが高い

オートローンの返済中で、かつ所有権留保になっている場合は車が引き上げられてしまうので、車を取られないようにするため、残債を一括返済しようとする人がいます。

しかし、自己破産前に一部の債権者へ優先して返済を行なうことは、債権者平等の原則に反し、偏頗弁済だと見なされる可能性が高くなります。

偏頗弁済は免責不許可事由に該当し、免責がされない可能性が出て来ますので気を付けて下さい。

第三者に支払ってもらう

しかし、本人ではなく、家族など第三者がオートローンの返済をする場合は、偏頗弁済になりません

ですからこの方法であれば、自己破産をしても車を残せる道が見えて来ます。

一番良いのは、オートローンの残債を一括払いしてもらうことですが、車の査定額が20万円を超えると、裁判所に没収されてしまうので、気を付ける必要があります。

また、第三者が、一括返済ではなく、新たなローンの名義人になろうとする場合は、ローン会社がそれを認めないケースもあるので、慎重に行なう必要があります。

車のローンを完済している場合

次にローンを完済している場合について解説をしていきます。

(これは、銀行のマイカーローンの返済中の方も含みます)

この場合、車の所有権は債務者本人となりますので、次に車の査定価格が20万円を超えているかという点が問題になってきます。

車の査定書は、自動車査定協会を通じて有料で取得する方法もあれば、ディーラーに依頼して出してもらうというやり方もあります。

もし、車の査定額が20万円を超えていなければ、車を手元に残すことが出来ます

(ただし、会社の破産手続きの場合は、査定額に関係なく会社の資産として車は破産管財人によって売却されてしまいます。)

実際、車を5年以上所有している場合は、基本的に車の査定額は20万円以下になるので、車を残せる可能性は高くなるでしょう。

しかし、車を購入して間もなかったり、プリウスなど人気の車種であったりして、査定額が20万円を超えている場合は、自己破産では処分の対象となりますので、車は没収されることになります。

これは、普通自動車でも軽自動車でも共通したルールです。

ただ、査定額が20万円を超えていても、車が生活で必須となっている場合は、所有を認められる場合もあります。

しかし、「仕事で必要だから」という理由ぐらいでは難しいので、詳細は担当の弁護士に相談をして下さい。

自己破産前の車の名義変更はNG

自己破産で処分の対象となる財産は、あくまでも債務者本人のものというのが基本となります。

ですから、配偶者など家族名義の車があった場合、基本的には処分の対象にはなりません。

しかし、たとえ車の名義が奥さんになっていても、自己破産を行ったご主人の収入で購入したことが明らかな時は、処分の対象となる場合があります。

また、自己破産をする直前に名義変更を行って、車の処分を免れようとした場合は、財産隠しと見なされ、免責不許可事由に該当してしまい、自己破産が出来なくなってしまう可能性が出て来るのでご注意下さい。

自己破産ではなく任意整理で解決できる場合も

自己破産の場合は、ローンの返済中でも完成後でも車を没収される可能性は高くなります。

しかし、任意整理の手続きであれば、

  • オートローンを整理の対象から外すことが出来る
  • ローンが残っていない財産は任意整理をしても没収されることがない

という特徴があるので、車を残すことが出来ます。

自己破産を覚悟していても、借金をどれだけ減らせるか調べてみると、実は任意整理で解決出来たというケースも多いので、一度、無料診断を受けてみてはいかがでしょうか?

自己破産後に車を購入またはリース出来る?

もし、自己破産で車を手放すことになってしまった場合は、その後、新たに車を購入するという方法もあります。

ただ、自己破産をした後は、信用情報機関に5年~10年間、事故情報が登録されてしまう(ブラックリストに載ってしまう)ため、その間は、ローンを組むことが出来ません。

また、リース契約なら出来るのではないかと考える人もいますが、リース契約の審査でも信用情報が照会されてしまうので、契約を結ぶことは出来ません。

ですから、ブラックリストに載っている間は、現金で購入をするか、あるいは家族や親戚からお金を借りて購入するか、いずれかの方法を選ぶ必要が出て来ます。

takeshi1

自己破産では車を手放すことになっても、個人再生や任意整理であれば車を手放さなくても良くなるケースも出て来ますので、まずは専門家に気軽に相談してみて下さい。