借金があることを彼氏や彼女に隠して、結婚をしてしまう人は意外に多くいらっしゃいます。

或いは、結婚を前提に付き合っている人がいるけれども、このまま借金を隠して、結婚をしようかどうか考える方もいらっしゃるかと思います。

そもそも、結婚をすると借金はバレてしまうのでしょうか?

借金の金額が少なければ隠しておくことも可能

もし、借金の金額が6桁(100万円未満)ぐらいで、かつ返済の見込みが立っている場合は、借金のことを打ち明けて余計な心配を掛けるよりは、内緒にしておくのも良いかもしれません。

ただ、だからといって100%バレない訳ではないので、以下の点に注意しておく必要があります。

借金関連の郵送物が来ないようにしておく

消費者金融や銀行のカードローンを利用していると利用明細が自宅に届いて、そこから家族にバレるというパターンがあります。

ですから、カードローンはWEB明細にして、郵送物が届かないようにしておく必要があります。

また、消費者金融の中にはモビットなどカードレスで利用出来るところもあるので、そういったところを利用するのも良いでしょう。

別の口座は確保しておく

結婚をすると、夫婦共通の口座を作る方がいらっしゃいます。

ただ、その場合は、借金の返済履歴がバレてしまうので、別の口座は一つ確保しておく必要があります。

別の収入源を作っておく

結婚をした後、旦那さんからの給料、或いは奥さんからのお小遣いからやりくりをして、借金を返済していくのも良いでしょう。

ただ、その場合は、配偶者もあなたに渡したお金の金額を把握しているので、不審なお金の流れがあるとバレやすくなります

ですから、「少しでも家計の負担を軽くしたいから」という理由でも伝えながら、副業やパートを行って、その一部を借金の返済に回していくことをお勧めいたします。

金額が多いとバレるのは時間の問題

もし、借金の金額が少なければ、結婚後も借金を隠すことは出来るかもしれません。

しかし、借金の金額が100万、200万と大きくなっていくと、月々の返済額も増えていくので、夫や妻に隠すのが難しくなってきます

金利によっては利息の金額もかなり高くなるので、借金は減るどころか逆に増える可能性もあります。

そして、もし借金を返済しきれずに、滞納が始まってしまうと、自宅へ催促の電話や郵便物が来るので、バレるリスクはグッと高まってしまいます。

金額が多いほどバレた時のショックは大きい

あと一つ考えなければならないのは、結婚後、借金がバレた場合です。

金額が少なければ、配偶者へのショックも比較的少なく済みます。

しかし、金額が200万、300万円と増えた段階で、バレてしまうと、夫や妻への衝撃は計り知れないものになります

場合によっては、離婚しようと言われてしまうかもしれません。

もちろん、借金がバレたからといって、それが原因で離婚が可能という訳ではありません。

参考記事:旦那の借金が原因は可能?

ただ、離婚は免れることが出来ても、夫婦間の信頼は著しく損なわれてしまうことは確かでしょう。

結婚前に債務整理をするという選択肢

ですから、もし、借金の金額が大きくなりすぎてしまった場合は、結婚前に弁護士や司法書士を通じて債務整理を行なって、借金を減らすのも良いかと思います。

どれだけ借金を減らせるかは以下の方法で簡単に調べることが可能です。

債務整理には任意整理や個人再生のように借金を減額する方法と、自己破産のように借金をチャラにする方法があります。

ただ、いずれの方法でも、最低でも利息は払わなくても良くなるので、借金の負担を減らせる確率は高いです

任意整理なら結婚をした後でもOK!?

さらに、任意整理であれば、結婚をした後でも家族に内緒で手続を行なえる可能性は高いです。

なぜなら、任意整理は債務整理の中で唯一、裁判所を通さない手続きだからです。

また、任意整理も含めて債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼すると債権者に受任通知が送られ、そこで債権者からの取り立てや返済義務が一時的にストップします

あとは、弁護士や司法書士があなたに代わって、債権者と和解交渉をしてくれます。

任意整理では、原則として、将来利息をカットした上で残債を3年~5年で分割返済する和解をすることになります。

利息がカットされる分、月々の返済額も減り、その分、夫や妻に内緒で借金を返済しやすくなるでしょう。

債務整理をする場合の注意点

ただ、その一方で、債務整理の手続きを行なうと、信用情報機関に事故情報が登録され、約5年~10年は新たな借入れが出来なくなるというデメリットがあります。

ですから、事故情報が残っている段階で、結婚をしても、すぐに住宅ローンを組むことは出来ませんし、クレジットカードも持てません。

なので、ローンやカードの話が出ても、うまくごまかす必要があります。

万が一、バレたとしても

しかし、万が一、債務整理を行ったことが結婚後にバレたしても、その段階で借金は減額されてますし、完済のメドも立っているはずです

何よりも、借金を返済するための具体的な行動を取っている訳ですから、多額の借金がバレるよりは、遥かにマシだと言えるでしょう。

takeshi1

借金がバレるバレないに関わらず、結婚後、借金がある状態で、さらに子供が生まれたりすると、お金がたくさん掛かって生活が本当に大変になってしまうので、金額が大きい時は早め早めに対処されることをお勧めいたします。