子供の借金 返済義務

子供が借金をしたら、親が肩代わりをすべきなのでしょうか?

実際、親は、ついつい肩代わりをしてしまったり、逆に息子の借金癖に激怒して勘当したりするなど、人によって対応は様々に分かれます。

ただ、ここでは、まず法的な観点から、子供の借金に対して、親がどこまで返済義務を負うべきかどうか整理した上で、肩代わり以外の方法についてもお伝えしていきます。

子供の借金に対する親の返済義務

まず、子供の借金に対する親の返済義務は、子供が未成年なのか成人しているかによって状況が変わって来ます。

未成年者である場合

子供が未成年なのにお金を借りていた場合は、子供自体が返済義務を負わないようになります。

未成年者は、民法第5条第1項(未成年者の法律行為)で強く保護されているからです。

ですから、この場合、親が肩代わりをする必要自体がなくなります。

ただし、以下の場合では子供に返済義務が発生します。

  • 結婚をしている場合(成人扱いになるため)
  • 年齢を偽って契約をした場合
  • 成人になった後、借金を一部でも支払った場合(債務を追認したとみなされるため)

子供が成人している場合

子供が成人している場合は、借金の返済義務は、あくまでも子供本人にあります。

ですから、親に返済義務が発生することは基本的にありません

債権者から親が肩代わりするよう言われても一切応じる必要はありまん。

ただし、以下の2つのケースでは返済義務が発生するので注意して下さい。

連帯保証人になっている場合

もし、親が子供の借金の連帯保証人である場合は、子供が支払えなくなったら、親に返済義務が発生します。

これは家族であるなしに関わらず、契約上の観点から決まっているものなので、返済義務から免れることは出来ません。

また子供の中には許可を得ないまま勝手に親を連帯保証人にしてしまっている場合があります。

その時は事情を説明すれば、親は返済義務を免れることが出来ます。

ただし、1円でも支払うと追認したことになり、返済義務が発生するのでご注意下さい。

子供が死亡した場合

もし、子供(被相続人)が死亡した場合、子供に妻や子供(親から見れば孫)がなければ、次の法定相続人は親ということになります。

相続と言えば、財産のみと考える人もいらっしゃるかもしれませんが、借金などの負債も相続の対象となります。

ただ、もし財産よりも借金の額の方が大きい場合は、相続があることを知った日から3ヶ月以内であれば、相続放棄という手続きを行なうことによって、返済義務を免れることも出来ます

これは親が借金を抱えたまま死亡した場合でも同じです。

参考記事:親の借金に対する子供の返済義務について

子供の借金は肩代わりをすべきなのか?

ただ、ここまでお話した内容はあくまでも法律的な観点なので、実際は連帯保証人になっていなくても、親が子供の借金を肩代わりしてしまうケースは多いです。

借金で苦しむ子供の姿を見ると、子供以上に胸を痛めるのが親の気持ちだからなのでしょう。

しかし、それが本当に子供のためになるかどうかは、しっかり吟味する必要があります。

安易に肩代わりをしてしまうと、子供の心に甘えが生じて、借金癖が治らなくなり、さらに借金を繰り返してしまう人は実際に多いからです。

債務整理による解決

ただ、それでも子供の借金を肩代わりしないで放置しておくのは辛いという方もいらっしゃるでしょう。

実際、子供が借金返済で苦しむあまり、闇金に手を出してしまうケースもあります。

ですから、そういった時は、子供に是非、弁護士や司法書士を通じて債務整理の手続きをするよう勧めてみて下さい。

債務整理を行なえば、借金や月々の返済額を減らせるので、親が肩代わりをしなくても、子供が自分自身で借金問題を解決することが出来るからです。

債務整理と聞くと、自己破産しかないと思っている方も多いですが、実際は、任意整理や個人再生などで借金問題を解決することの方が多いのです。

債務整理で借金癖が治る場合も

借金で苦しむ子供の中には、クレジットカードを使い過ぎる浪費癖があったり、ギャンブルに依存していたりして、借金を積み重ねてしまう習慣が出来上がってしまっている人もいます

しかし、債務整理を行えば、信用情報機関に事故情報が登録されるので、約5年~10年間は、新たな借入れが出来なくなりますし、クレジットカードも持てなくなります。

それは債務整理のデメリットなのですが、逆の見方をすれば、子供が借金癖をなくす良いきっかけ出来る期間だとも言えるのです。

ですから、借金が出来ない間は、子供にとって反省期間だと思って、暖かい目で見守って上げると良いでしょう。

takeshi1

子供には借金問題を解決できる方法を教えて上げながら、あとは自分自身で手続きを行なうのを見守って上げる方が、下手に肩代わりをするよりも何倍も子供のためになるのではと思います。

多くの人達が借金の悩みを解決しています!

「毎月の返済が厳しい・・・」
「返しても返しても借金が減らない・・・」
「取り立ての連絡が怖い・・・」

そんな時、法律の専門家に相談すれば借金を減らす方法を教えてもらうことが出来ます。

返済が難しい借金は放置すると毎日、利息が増えていくので、その分、確実に損をしてしまいます。

ですから、1人では決して悩まず、早めに相談をして、新しい人生の第一歩を踏み出してみて下さい。

>>今すぐ借金をどれだけ減らせるか調べてみる