借金繰り返す 病気

借金を繰り返してしまう人達は病気なのでしょうか?

実際、借金依存症になる原因には様々なパターンがありますので、病気と言える場合もあれば、育ちが原因だと考えられる場合もあります。

そこで、ここでは、それぞれのパターンをご紹介しながら、具体的に借金癖を治す方法をお伝えしていきます。

借金を繰り返すのは病気?


まず、借金を繰り返すのは、病気なのかという点から解説をしていきます。

発達障害という病気が原因である場合

借金を繰り返す人の中には発達障害が原因になっている方もいらっしゃいます。

発達障害とは、自閉症スペクトラム障害(自閉症、アスペルガー症候群など)、学習障害、多動性障害などを総じて呼ぶものです。

この中で、自閉症スペクトラム障害の方は、特定のものに対して強いこだわりを持つ特徴があります。

それが良い方向に働くこともありますが、一歩間違うと、欲しいものがあったら計画を立てずに借金を繰り返して、どんどん買ってしまう場合も出て来ます。

ですから、発達障害だと自覚をしている人は、専門機関に相談をしたり、治療を受けたりする方法もありますが、そういった自分の弱点を自覚して、普段からお金を借りないよう心掛けることも大切です。

借金依存症は病気かもしれない

ただ、その一方で、一見、普通に見える人でも借金依存症になってしまうケースはよくあります。

例えば、借金を繰り返す人は以下のような特徴を持っていますので、該当するものがないかチェックしてみて下さい。

  • 見栄っ張り
  • 自分の感情をコントロールできない
  • ストレスが溜まると飲酒や買い物などの浪費に走ってしまう
  • 責任感がない(だらしがない)
  • パチンコなどギャンブルが好き
  • すぐ人のせいにする(自分の過ちを認めない)
  • 借金することに対する恐怖感が湧かない
  • 家族や周りの人に相談できない

借金を繰り返す人は、見栄を張って、ついつい浪費を繰り返してしまったり、自制心が働かない状態でギャンブル・飲酒、買い物などにハマっていきます。

そして、そこで出来た借金という結果に対して、反省が出来ず、逆に変に楽観的になりながら、誰にも相談せず、同じパターンを繰り返していく傾向が強いのです。

実際、借金を繰り返す原因はいろいろあります、必ずしても病気だと断定することは出来ないのかもしれません。

しかし、自分でも知らない間に浪費をして何度も借金を繰り返してしまい、借金地獄にハマってしまっている人は、心の病気、つまり精神疾患になっている可能性が高いと言えます。

借金依存症は、買い物依存症やアルコール依存症、あるいはギャンブル依存症などとも連動していたりします。

一度、依存症になると、抜け出すのは本当に困難ですし、自制心で何とか出来る範囲を超えてしまいます。

借金癖は育ちが原因なのか?


借金を繰り返すのは、ある意味、病気だとも言えます。

しかし、なぜ、そういう状態になってしまうのかという点については、その人の育ちの環境に問題があるのではと指摘する方もいらっしゃいます。

では、具体的に子供の頃のどういった環境が、借金依存症に繋がっていく要因になり得るのでしょうか。

欲しいものは何でも買ってもらっていた

借金を繰り返す人の中には、幼少期の時は育ちが良くて、欲しいものは何でも買ってもらえたという方もいらっしゃいます。

本当は、子供の頃、欲しいものがあっても我慢することを覚えないといけないはずです。

しかし、甘やかされて育った子供は大人になっても欲しいものがあれば、すぐに買ってしまい借金依存症になってしまうことがあります。

お金を自由に使えない環境だった

その一方で、逆のパターンもあります。

それは、小さい頃、家が貧しくて、欲しいものをほとんど買えずに、我慢していた人が、大人になって、自由にお金を使えるようになってから、一気に支出が増え、借金を繰り返していくパターンです。

その具体的なケースについて以下のサイトで紹介されていたので、引用しておきます。

貧乏な家で育ち、家も古い市営住宅、欲しい物は買ってもらえず、いつもお下がりとか貰い物ばかり。
親は共働きで鍵っ子、親が忙しい時期には小学生の頃から夕食の支度とか洗濯などをやっていた。

反動なのか、就職してお金を自由に使えるようになった途端、好き放題に使って、遊んで、仕舞いには借金まみれ。

ですから、幼い頃に、満たされない気持ちが溜まっていくと、その反動が大人になって出てしまうことは十分にあり得る話なのです。

親に借金癖があった

もし、親自身に借金癖があると、そういった親の影響を受けて、借金をすることに抵抗を感じない性格になってしまう可能性があります。

もちろん、親がギャンブルにハマっていたような場合、それを反面教師にして、逆にお金の管理に厳しくなる方もいらっしゃいます。

しかし、子供は親の背中を見ながら育つところがあるのも事実です。

親が銀行や消費者金融から、習慣的にお金を借りていると、それを見ながら、お金を借りる事に抵抗を感じない性格になってしまっている可能性は高いでしょう。

幼少期のギャンブル体験

独立行政法人国立病院機構の久里浜医療センターのホームページには、幼少期のギャンブル体験がギャンブル依存症の原因になり得ると指摘しています。

幼少期や青年期のギャンブル体験は、ギャンブル依存症のリスクを高めます。

もちろん、未成年は、パチンコ、パスチロ、競馬などのギャンブルをすることは出来ません。

しかし、例えば、スマホゲームのガチャなど、課金系のガチャには、ギャンブルと同等の刺激があると指摘する人もいます。

そういった疑似体験をしていると、大人になってから、ギャンブル依存症にハマってしまうリスクは高いと言えます。

正しいお金の教育を受けてこなかった

お金に対する知識は、残念ながら、学校では基本的に教えてもらえません

ですから、そういった知識や経験は、親から学んでいくしかないところがあります。

具体的な例を挙げると、

  • 適切な金額のお小遣いをもらう
  • クレジットカードのメリットとデメリットを教えてもらう
  • 子供の頃から通帳を持たせてもらう
  • 保証人になることのリスクについて教えてもらう
  • お金を稼ぐことの大変さやお金の価値について教えてもらう

などがありますが、親が意識的にこういった教育を行う家庭で育った人は、大人になっても、節度を持ってお金を使う習慣が付きやすくなります

しかし、そのような教育を一切受けず、いきなり社会人になると、お金を浪費してしたりする可能性は、やはり高くなってしまうのです。

借金癖の治療(治す方法)


借金を繰り返す人の中には、元々、病気になっている人もいれば、育ちの環境から借金癖を持つようになってしまったという方もいらっしゃいます。

では、そのような借金を繰り返す状態から抜けられない人は、どうすれば克服をすることが出来るのでしょうか?

カウンセリングを受ける

もし借金を繰り返す原因が心の病気であると自覚した人は、

  • 精神科・診療内科
  • 公的機関(精神保健福祉センターなど)
  • 自助グループ

などでカウンセリングを受けてみるというのも一つの方法です。

>>借金癖のカウンセリングを受ける場合の相談先は?

借金癖の人達に対する更生施設というものはありませんが、こういったところでカウンセリングや治療を受けても効果は見込めるでしょう。

ここで重要なポイントは、決して一人では悩まないということです。

確かに、借金を繰り返す自分を素直に認めることは難しいかもしれません。

しかし、自分の課題を自覚できれば、それだけでも解決に向けた大きな一歩を踏み出したことになるのです。

もちろん、まずは家族に相談をするのも一つの有効な方法です。

強制的に借金を出来なくする

一つ極論を言ってしまうと、借金を繰り返してしまう理由は、借金が出来るからです。

逆に借金が出来ない状態になれば、借金を繰り返すことは出来ません。

そのために弁護士や司法書士を通じて債務整理をするというやり方もあります。

債務整理では、借金を減らしたり、利息をカットしたり、月々の返済額を減らしたりすることが可能です

実際にあなたの借金をどれくらい減らせるかは以下の方法で簡単に調べることが出来ます。

>>今すぐ借金をどれだけ減らせるか調べてみる【所要時間1~2分】

その一方で、債務整理を行なうと約5年~10年間ブラックリストに載ってしまうので、その期間は新たな借入が出来なくなります。

つまり、強制的に借金を繰り返すことが出来ない状態になるのです

ただ、借金の負担を大幅に減らすことが出来れば借金が出来ない状態になっても、生活に困ることはありません。

まとめ

借金を繰り返すことは、病気だと言うことも出来ますし、また、その人の育ちの環境が、大きく影響してしまっているケースもあります。

いずれによせ、その人は、借金をすることが習慣化されてしまっている可能性が高いと言えます。

ですから、そういった借金癖を治すには、一人の力で何とかしようとするのではなく、専門家に相談をしながら、解決していくことも時には必要です。

takeshi1

どういった専門家に相談するかは、その人の状況によっても異なりますが、一人で解決するのは、難しい時は、積極的に専門家の力を利用されることをお勧めいたします。