借金 彼氏に言う

借金があることを彼氏にいうべきか悩んでいる女性は少なからずいらっしゃいます。

好きなものをついつい買い続けている内に、借金がみるみる膨らんでしまうことってありますよね。

ただ、彼氏に借金ことを話すと最悪は別れ話になるリスクがあることも事実です。

そこで、ここでは、借金のことを彼に言う必要がない時と、言うべき時の境目や注意点について解説をしていきます。

結婚の話が出ていなければ言わない方が良い


まず、彼氏との間で結婚をしようという話が出ていないのであれば、言う必要がない、いや、言わない方が良いと思います。

信頼関係が消えて愛が冷める可能性大

彼氏と結婚を前提に付き合っていないということは、まだお互いに信頼関係を築こうとしている時期ということになります。

或いは、恋愛感情を純粋に楽しんでいる時期だとも言えますよね。

そういった段階で、いきなり彼氏に対して、借金の話をすると、彼氏の気持ちが一気に冷めてしまう可能性が高いです

あなたとの間に一線を引いて、信頼関係がこれ以上、深まることが難しくなってしまいます。

信頼関係の構築が出来ていない分、彼氏から、お金にだらしがない女だと思われて、別れ話を切り出されたり、音信不通になってしまったりするリスクも高いと言えるでしょう。

そういった点で、こちらの方の意見は、的を得ていると思います。

何でもかんでも話す必要はないです。あなたは打ち明けて楽になるでしょうが、彼は打ち明けられたらいい気持ちがするわけがない。
私なら「結婚はないな」って思っちゃいます。
女の借金は偏見ですが私は「だらしないやつだ。」って思っちゃう。

自力で返せる範囲であれば言う必要はない

もし、借金があるといっても、数十万円程度で、自力で返せる範囲であれば、彼氏に対して、借金のことを言わなくても良いと思います。

結婚するかどうか分からない彼氏に対して、そこまで、あなたのプライベートについて話す必要もないからです。

借金という現実的な話をするよりも、彼氏との恋愛を楽しんだり、信頼関係を築いたりすること力を注ぐのが良いのではないでしょうか

とにかく必死に返す

ただ、だからといって、借金をそのまま放置していれば良いかというと、決してそうではありません。

今の借金は、出来るだけ早く返済が出来るよう必死になってがんばるべきです。

なぜなら、借金が残っていると、彼氏と結婚について具体的に考えることになった時、問題になるからです

借金癖を治しておく

もし、あなた自身に借金癖があるならば、早めに治しておかれることをお勧めいたします。

特に女性の場合は、買い物依存症になって、リボ払いが増えて、返済の残高が増えてしまうケースが多いです。

そういった方は、今、買おうとしているものが、本当に必要かどうかをしっかり見極めていくことが大切です

或いは、家計簿をつけてお金の流れを明確にするなど、借金が簡単に増やさないための対策を考えるようにして下さい。

債務整理で早く解決をしてしまう

ただ、中には、今の借金を自力で返済するのは難しいという方もいらっしゃるでしょう。

そういった方にお勧めなのが、弁護士や司法書士を通じて、債務整理を行い、今の借金や月々の返済額を減らすという方法です。

例えば、任意整理を行えば、弁護士や司法書士が債権者と交渉を行なって

  • 将来的な利息をカットする
  • 残債を3年~5年で返済する

という形で和解をすることも可能です。

これによって、月々の返済額を減らせますし、利息を今後一切払わなくてもよくなるので、最終的な返済額を一気に減らすことが可能となります。

もちろん、任意整理が難しければ、自己破産で、借金をすべてチャラにしてしまうという方法もあります。

債務整理のメリットはいろいろありますが、あなたにとっての最大のメリットは、彼氏に内緒で借金問題を解決出来るという点かもしれません。

弁護士や司法書士は、守秘義務があるので、あなたの借金が彼氏にバレることは、まずありません。

特に任意整理を行った場合は、裁判所の手続きを通さないので、さらに内緒で借金問題を解決出来る可能性は高くなるでしょう。

また、弁護士や司法書士に関しては、債務整理を得意として、かつ女性の借金問題にしっかり対応してくれる事務所があるので、そういったところへ無料相談をしてみると安心です。

>>女性専用の債務整理無料相談を行っているおすすめ事務所

お互いに結婚を考え始めたら必ず言うべき


まだ、結婚について、具体的に考えていないのであれば、彼氏に借金について話す必要はありません。

しかし、もし、彼氏からプロボーズをされたり、彼氏との関係の中で、結婚について具体的な話が出て来た場合は、彼氏に借金ことを話すべきだと思います。

結婚をすると借金はバレる可能性が高い

もし、結婚をして、家計が同一になった場合は、借金がバレる可能性が高くなります

借金が残っていると、毎月、数万円ぐらいの返済をする必要がありますが、そのお金の流れが彼氏にも分かるようになってしまうからです。

もし、結婚をした後に、あなたの借金がバレると、彼氏は騙されたという気持ちが強くなるでしょう。

結婚について考えること自体、あなたのことを本当に信頼してくれていることです。

その段階で、借金のことを言わなければ、あなたは、彼氏からの信頼を裏切ることになってしまいます

こちらの方は、そのことを端的に指摘しています。

大事なことを言わない、というのは、嘘をつくことと同じです。
隠すということは、信頼している人を裏切ることと同じです。

そうならないように彼氏に前もって借金ことを話しておくことは大切です。

彼氏との愛は本物か試される時でもある

相手と結婚について考えている段階であれば、あなたと彼氏との間には信頼関係があるのであれば、いきなり別れるという話にはなりにくいでしょう。

特にあなたが、

  • 彼氏との間に隠し事をしたくなかった
  • 借金は完済する方向で話を進めている

という気持ちを真摯に伝えていけば、一時的に彼氏が困惑したとしても、長い目で見て、お互いの信頼関係を守ることが出来ます。

逆に、結婚話が出ているので、あなたに借金があることが分かった段階で、気持ちが豹変し、別れることになってしまった場合、厳しい言い方になってしまうかもしれませんが、彼氏のあなたに対する信頼はその程度のものであったとも言えます

そういった状態で、結婚をしても、あなたは将来的に幸せになれないかもしれません。

肩代わりは求めない

ちなみに、彼氏に借金のことを話す時、場合によっては、彼氏があなたの借金を肩代わりしてくれるかもしれません。

もちろん、彼氏からそのような提案があって、結果的に肩代わりしてもらうことになった場合は、その流れに任せても良いとは思います。

ただ、あなた自身が、彼氏に肩代わりをしてもらおうという気持ちを持って、借金の話をすることは絶対にやめた方が良いです

なぜなら、そのような甘えた気持ちがあると、仮に彼氏が借金を肩代わりしてくれたとしても、あなたの借金癖が消えず、将来、再び、あなたが借金を増やすことになり兼ねないからです。

あなたの借金は、あなたが責任を持って返済していくべきです。

また、あなた自身の力ではどうしようもない時は、債務整理もしたりしながら、借金問題を解決していくべきです。

結婚をする時は、お互いが社会的に一人の自立した人間である必要があります

あなたが彼氏に依存する形で結婚をすることと、お互いにとって幸せな結果につながらないでしょう。

まとめ

借金があることを彼氏に言うべきかは、非常に悩ましい問題ではありますが、ざっくり結論を言ってしまうと

  • 結婚について具体的な話が出ていない:彼氏に話す必要はない
  • 結婚について具体的な話が出て来た時:彼氏に話すべき

という形で判断していけば良いかと思います。

takeshi1

いずれによせ、借金があると彼氏との間にいろいろな問題が起こり兼ねないですから、借金が自力で返済しきれない場合は、早めに弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。