債務整理 家族 影響

債務整理をすると家族への影響を心配する人は多いです。

債務整理はあくまでも債務者本人の問題なので、基本的には家族には影響しません。

ただ、条件次第では影響が出てくる場合もあります。

ここでは、その点を分かりやすく解説すると共に、家族への影響を最小限に抑える方法もお伝えしていきます。

家族の信用情報への影響

債務整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が登録(ブラックリストに載ってしまう)されてしまいます。

そのため、約5年~10年は、新たにローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることが出来なくなるというデメリットがあります。

しかし、借り入れが出来なくなるのは債務者本人のみで、配偶者など家族の信用情報が傷つくことは一切ありません

ですから家族がクレジットカードやローンの審査を受ける場合でも影響を受けることは基本的にありません。

ただ、以下の点だけ注意するようにして下さい。

債務整理をした本人は連帯保証人にはなれない

債務整理を行った本人がブラックリストに載っている間は保証人や連帯保証人になることは出来ません。

ですから、配偶者などが審査を受ける場合は、配偶者自身の信用で審査を受けるようにして下さい。

債務整理をした本人と同居している場合

もし、家族が債務整理をした本人と同居している場合、住所や苗字が一致しているのを貸金業者が見て、審査が厳しくなる場合もあります。

ですから、そういった影響を受けないためにも住所は別である方が望ましいです。

家族カードはどうなる?

ここで少し問題になってくるのは家族カードです。

家族カードへの影響は以下のようになってきます。

主契約者が債務整理を行った本人である場合 メインのカードも家族カードも使えなくなります。
主契約者が債務整理を行った本人の家族である場合 メインのカードも家族カードも基本的に問題なく使えます。
※ただし家族カードの利用者が債務整理を行なうと利用が制限される場合もあります。

家族カードの利用で問題で重要になってくるのは、あくまでも主契約者の信用情報です。

ですから、主契約者の信用情報に問題がなくきちんを返済を行っていれば、家族カードの利用で影響を受けることは基本的にありません。

子供の進学、就職、結婚への影響

債務整理をしても、家族(特に子供)への進学、就職、あるいは結婚へ影響が出ることは一切ありません。

もし、家族が債務整理したからといって、学校や会社が受け入れを拒否したら、これは人権問題ですし、法的に引っ掛かります

また、債務整理をしたことが、第三者にばれることはまずないので、その点でも心配することはないでしょう。

家族が影響を受けるケース

ただ、以下の場合では、債務整理を行った結果、家族に影響が出てしまうので、ご注意下さい。

家族が連帯保証人になっているケース

この場合は、本人が債務整理をすると、連帯保証人である家族に対して支払い義務が発生してしまうため、モロに影響が出てしまいます。

配偶者が連帯保証人である場合、離婚をしても返済義務は逃れることが出来ないので、ご注意下さい。

自己破産を行った場合は家族に影響が出る場合も

自己破産を行なうと、20万円を超える財産と、99万円を超える現金は持てなくなります。

例えば、持ち家や車を失ってしまうと、財産を一緒に利用していた同居家族に影響が出てしまうことがあります

自己破産をした場合、決して身ぐるみ剥がされる訳ではありません。

ただ、それでも、財産を多く持っていた人が債務整理を行なうと、その反動で家族への影響が大きくなってしまうかもしれません。

家族への影響を最小限に抑えたい場合は?

もし、債務整理を行なう際、家族への影響を最小限に抑えたい場合は、出来るだけ、任意整理の手続きで処理されることをオススメいたします。

任意整理では整理する債権を選べるので、家族が保証人になっている借金、自動車ローン、住宅ローンなどがあれば、整理の対象から外すことが出来るからです。

任意整理の手続きがどうかが可能かどうかは、こちらの方法で診断することが出来ます。

また、任意整理は個人再生や自己破産と違って裁判所を通さずに手続きが出来るので、家族から入手すべき書類も原則的に発生しません。

任意整理は家族への影響が少ないどころか、家族に内緒で手続きを行なえる確率も非常に高い手続きとなっています。

takeshi1

任意整理は債務整理の中でも利用する人が圧倒的に多い手続きですので、家族への影響は極力避けたいという方には是非、任意整理をお勧めいたします。