セゾンカードは、株式会社クレディセゾンが発行しているクレジットカードですが、比較的、取得しやすいカードとしても有名ですよね。

ただ、キャッシング枠の利息手数料は実質年率12.0%~18.0%、ショッピング枠の手数料は実質年率が14.52%とかなり高くなっています。

そのため、セゾンの借金残高が増えすぎると、返済が厳しくなってしまう可能性があります。

その場合、任意整理をすると、どういった対応になるのでしょうか?

セゾンの任意整理への対応のまとめ

セゾンカードを任意整理した場合の対応は、弁護士事務所や司法書士に事務所の県会をまとめると以下のようになります。

過払い金 キャッシング枠:平成19年(2007年)以前からの借入れがあれば借金が減額される。
(訴訟をせずに9割以上取り戻せるケースも)
ショッピング枠:過払い金は発生しない
返済期間 最大で5年(60回) ※以前は7年(72回)も可能であったが、最近は収入や借金の状況の観点からの理由が必要
利息のカット 経過利息(受任通知をしてから和解するまでに発生する利息)のカット・将来利息のカットいずれにも対応
滞納をしている場合 滞納をしていても柔軟に対応

セゾンの任意整理への対応は厳しい?

セゾンの任意整理への対応は厳しいのではないか心配する方もいらっしゃいますが、全般的な傾向としては、比較的柔軟に対応していると言えます。

任意整理の返済期間は、原則3年(36回払い)です。

しかし、セゾンでは、5年(60回払い)も可能となっています。

一応、以前は返済期間が7年(72回)が可能だったけれども、最近はそこまでの延長は厳しいと言われています。

ただ、それでも、他の債権者に比べたら柔軟に対応しています。

仮に滞納をしていても、任意整理に対応してくれるので、その点でも、手続きを進めやすいカード会社だと言えるでしょう

セゾンカードは任意整理をすべき?

セゾンカードを任意整理した場合、キャッシング枠で平成19年(2007年)以前から借入れをしていないと、借金は減額されません

ですから、それ以降に借金を始めた人、あるいはショッピング枠だけ使っている人にとってはメリットをあまり感じられないかもしれません。

ただ、セゾンカードは、比較的に利息や手数料が高いので、任意整理でその分をカットすることが出来れば、それだけでもかなりの利息の支払いが免除されることになります

ですから、セゾンの返済シミュレーションを使ってみて、もし、利息の金額が数十万円近くになるのであれば、任意整理を検討されても良いかと思います。

セゾンの債務整理の連絡先は?

また、任意整理(債務整理)を行う場合、クレディセゾンには債務整理の連絡先があるという訳ではありません

セゾンには、クレディセゾン債権管理センター(03-5155-5934)というところがあり、もし、まだ自力返済をしていこうと思っているのであれば、こちらの連絡先に電話をして相談をすれば良いでしょう。

しかし、こちらに個人に任意整理についての相談をしても、対応は難しいです。

ですから、任意整理の手続きは以下の借金減額サービスを利用しながら、そこで紹介された法律の専門家を通じてセゾンに連絡されることをお勧めいたします。

セゾンカードを任意整理するデメリット

セゾンは任意整理に対しては柔軟に対応をしています。

しかし、任意整理中、或いは任意整理後は、セゾンカードが使えなくなります。

任意整理後、約5年は信用情報機関に事故情報が登録されて、ブラックリスト状態になってしまいます。

しかし、その期間を過ぎれば、オリコやジャックス、あるいはイオンカードなど、他のクレジットカードは使えるようになります。

ただ、セゾンカードは、社内ブラックに登録されてしまうため、ブラックリストの期間を終えても、使えないことをご了承下さい。

まとめ

セゾンカードは大手のクレジットカード会社ということもあり、任意整理にも柔軟に対応しています。

ですから、現在の借金の返済が厳しいのであれば、一度、気軽に弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。

また、セゾンカードは比較的作りやすいクレジットカードだと言われていますが、任意整理後は半永久的に使えなくなってしまいます

しかし、他のクレジットカードであれば、任意整理後、5年を過ぎれば再び、使えるので、その点ではご安心下さい。

takeshi1

私も以前、セゾンカードで借金をしていたことがありますが、思った以上に利息は早いペースで増えていくものなので、返済が厳しい場合は早めに対応されることをお勧めいたします。