親の借金を調べる方法は、今、死亡しているか、生きているかによって対応が違ってきます。

ここではそれぞれの場合について、具体的にどのような調査方法があるかお伝えしていきます。

ちなみに、旦那などの家族の借金を調べる場合でも、こちらでご紹介する内容は応用できるので、ご参考にして下さい。

親が死亡した場合

もし、親が多額の借金を残したまま死亡した場合は、子供が法定代理人になっている場合、相続のあることが分かった日から3ヶ月以内に、すべてを相続するか、放棄するか、あるいは限定承認をするか判断をする必要があります。

親の借金の相続について

実際、親は借金だけでなく、土地や家などの資産を持っている場合もあり、差し引きをすれば、財産の方が多くなるケースもあります。

ですから、相続をすべきかどうは早く判断をするためにも、信用情報機関に情報開示の依頼をして親の借金を調べるのが良いでしょう。

信用情報機関に情報開示をする方法は、こちらの記事でご紹介しています。

CIC・JICC・ KSCの違いと信用情報開示の方法

親が生きている場合

一方、親が生きている場合に、借金を調べるのは少し厄介です。

なぜなら、借金というのはあくまでも債務者本人の問題であり、本人の同意がないと親の借金を調べるのは難しいからです。

信用情報機関に情報開示を照会する場合も、親が生きている場合は、親の委任状や本人確認書類が必要となってきます。

親に無断で書類を偽装することは、有印私文書偽造同行使や個人情報不当取得という犯罪行為に該当してしまうので、ご注意下さい。

かといって、親に借金があるのか、問い詰めたとしても、正直に話してくれないケースは多いでしょう。

その場合は、以下のような方法を使って親の借金を調べるというやり方があります。

  • 郵便物をチェックする
  • 家の中をチェックする
  • 親の貯金通帳をチェックする
  • 親の友人に電話して聞いてみる
  • ゴミ箱をチェックする
  • 探偵に依頼する(ただし、お金は掛かります)

場合によっては、親のすべての借金を調べることは難しいかもしれませんが、大体の内容は把握できるかもしれません。

親を安心させて上げる

実際、親が多額の借金を抱えていると、本人も借金がどれだけあるのか分からず、パニック状態になっているケースもあります。

そういった時は、何を言っても話が通じない場合もあります。

ですから、こちらの方法を使って、債務整理であれば借金を一気に減らせることを伝えて安心してもらった上で、借金について話してもらうというのも一つの有効な方法だと思います。

takeshi1

親の借金は直接的には関係なかったとしても、子供としてはやはり何とかして上げたいと思うものでしょうから、親とよく相談をした上で、最善の方法を見つけて上がるようにして下さい。