債務整理を弁護士や司法書士を通じて行なうと、必ず報酬費用が掛かります。

基本的に債権者の数が多いほど、借金の金額が大きいほど、費用は高くなる傾向があります。

元々、借金が多いから、債務整理の検討をしているのに、高い費用が掛かってしまうと困ってしまいますよね。

そういった時の対処法について、ここではお伝えしていきます。

債務整理の費用の相場

まず、債務整理を行った場合、費用の相場はどれくらになるのかお伝えしておくと、以下のようになります。

  • 任意整理:債権者一件あたり数万円
  • 個人再生:50万~60万円
  • 自己破産:約50万円

任意整理の場合は、債権者の数が多いほど、どんどん費用が高くなります

個人再生は、住宅ローンを守ろうとすると(住宅ローン特則を利用した場合)、さらに10万円ぐらい費用が高くなります

自己破産では、一定以上の財産を持っていたりすると、管財事件として扱われ、裁判所に対して20万円以上、または50万円以上の予納金を払う必要が出て来ます。

これだけを見ると、「債務整理をするのに、こんな高い費用は払えない」と絶望してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そういった場合は以下のような対処法があります。

債務整理費用が高くて払えない場合の対処法

法テラスを利用する

もし、収入がほとんどなくて、債務整理の費用を払えない場合は、法テラスを利用するのも一つの方法です。

法テラス(日本司法支援センター)は、国が設立した法的トラブルを解決するための公的相談所です。

そして法テラスに借金相談をした場合、収入が一定以下であるという基準を満たしていれば、無料で相談が出来るだけでなく、民事法律扶助といって、弁護士や司法書士の費用を立て替えてもらえる制度を利用することが出来ます。

そして債務整理の費用を立て替えてもらった後は、法テラスに対して分割払いをしていくようになります。

さらに、生活保護受給者は、費用の支払いを免除してもらえるシステムもあるので、本当にお金がない方や費用が高いと感じている方は、法テラスに相談をしてみると良いでしょう。

法律事務所で分割払いにしてもらう

法テラスは、所得が低い人であれば利用しやすいのですが、法テラスが提示する収入基準を超えていると、相談自体が行なえなくなります。

また、民事法律扶助を利用するには審査が必要となり、3週間~1ヶ月掛かってしまう場合がありますので、面倒な側面もあります。

ですから、そういった場合は、最初から弁護士や司法書士の事務所に無料相談をして、分割払いが出来ないか聞いてみるのが良いでしょう。

実際、弁護士や司法書士は、債務者が債務整理費用が高いと感じることは百も承知なので、分割払いに応じているところは比較的多いです。

債務整理費用は本当に高いのか?

実際、費用が高いと、債務整理を行って本当に得をするのかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、任意整理では、将来的に掛かる利息がカットされます

それによって、本来、債権者(銀行や消費者金融)に対して払うはずであった利息の支払いが免除され、数十万円、場合によっては100万円以上、得する人もいらっしゃいます。

また、個人再生では、基本的に借金を約5分の1に減額できるので、借金の80%分は得をすることになります。

そして自己破産では、借金がチャラになるので、その効果が計り知れないことは言うまでもありません。

ですから、債務整理費用が高いと感じる方は、一度、ご自身の借金がどれくらい減らせるのか無料で調べてもらった上で、判断されることをオススメいたします。

費用が高いから躊躇すると逆に損をする

もし、債務整理費用が高いからといって、躊躇してしまうと、その間、高い金利によって借金はさらに膨らみ続けます

結果的に、あなたの損失はもっと拡大してしまうことになります。

また、あなたがもし借金の滞納をしている場合などは、債務整理を弁護士や司法書士に依頼すれば、借金の取り立てがすぐにストップします

しかし、滞納を放置していると、催促の取り立てがさらにひどくなり、精神的な苦痛も大きくなってしまうでしょう。

takeshi1

債務整理の費用が高いと感じても、それ以上に借金を大幅に減額することが出来れば、結果的にはかなり得をすることになるので、まずは、一度、弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてみて下さい。