借金があると結婚はできないのでしょうか?

結婚式や子育てに掛かる費用を考えると、借金の返済中だと結婚してはいけないのではという思いが湧いて来てもおかしくはありませんよね。

ここでは、借金がある場合の結婚について、いくつかの観点から解説をしていきます。

借金があると相手はどう考えるのか?

結婚は自分だけでなく相手もあってのことなので、借金がある場合、パートナーがどう感じるかということが非常に大切になってきますよね。

ですので、まずは借金がある場合、相手の女性または男性がどのように感じるのか考える必要があります。

借金がある彼氏との結婚に対して女性は?

彼氏に借金がある場合、女性は結婚に対してどう思うのでしょうか?

この点については、「彼氏に借金があったら結婚する?」という記事にもまとめていますが、

  • 結婚を前提にお付き合いをしている女性:結婚を迷った人は3%
  • 一般女性:別れようと考える人は4割を超える

という対照的なアンケート結果が出ています。

つまり、付き合っても間もない段階であれば、そこから結婚というのは難しくなってきますが、ある程度、関係を深めていけば、相手に借金があっても結婚をしたいと女性が思う確率は高くなってくると言えます。

借金のある彼女との結婚に対して男性は?

一方、彼女に借金がある場合、男性は結婚後のお金の管理について不安を覚えるかもしれません。

なぜなら、結婚をすると基本的に女性がお金を管理するようになるからです。

ただ、もし、男性にある程度の収入があれば、女性の側に借金があっても、影響を受けない確率は高くなってきます。

彼女の借金が発覚しても結婚すべきか、別れるべきか?

借金があっても結婚は可能だけれども

このように見てみると、借金があっても結婚ができない訳ではないことが分かって来ます。

ただ、無事に結婚ができたとしても、不幸になってしまってはまったく意味がありません

実際、結婚をするとリアルな現実にぶち当たるようになります。

親ごころゼクシィの調査では、婚約から新婚旅行までの費用は、全国平均が469,7万円というデータが出ています。

また、AIU 保険会社『現代子育て経済考』2005 年度版では、出産から22年間で子育てに掛かる費用は約1,640万円だという調査結果が公表されています。

もちろん、これは一人あたりの費用ですから、2人、3人と子供が増えると、費用も2倍、3倍となります。

愛があれば借金があっても結婚はできるでしょう。

しかし、お金がなければ、借金の重圧に苦しみながら幸せな結婚生活を満喫できないリスクが生まれてきます。

つまり、借金があるかないかは、結婚後に幸せな生活を送る上で、非常に重要な条件となってくるのです。

借金問題は結婚前に解決しよう

ですから、もし、あなたが借金の返済中である場合、このような現実問題を考えた上で、出来るだけ早く借金問題を解決されることをオススメいたします。

ただ、

  • 借金の額が大きすぎる
  • 月々の返済額が多すぎて、今の収入ではなかなか減らない

という方は、借金の返済に時間が掛かり過ぎて、その間に結婚するタイミングを失ってしまう可能性がありますよね。

そういった場合にでも、簡単にかつ合法的に借金や月々の返済額を減らす方法があります。

それが債務整理です。

実際にあなたの借金が債務整理でどれくらい減らせるかはこちらの方法で簡単に調べることが出来ます。

債務整理であれば、自己破産という選択をしなくても3年~5年で借金問題をすべて解決することが出来ます

それぐらいの期間であれば、結婚するタイミングを逃す確率をグッと下げることが可能となります。

takeshi1

借金があっても結婚はできますが、大切なパートナーと幸せな結婚をするためにも、借金問題は出来るだけ早く解決されることをオススメいたします。