彼女 借金 結婚

彼女に借金があることが発覚した場合、そのまま結婚しても大丈夫なのでしょうか?

あるいは別れる方が良いのでしょうか?

これは借金の理由が奨学金などやむを得ない事情なのか、あるいは彼女の性格によるものなのかによっても対応は違ってくるでしょう。

また、彼女の借金を肩代わりすべきかどうかという点についても悩むところです。

ここでは、実際、どういった解決法がベストなのか、お伝えしていきます。

借金のある彼女とは結婚せずに別れるべき?

もし、彼女の借金が奨学金であったり、親の借金を肩代わりさせられていたりと、やむを得ない事情である場合は、まだ大丈夫なのかもしれません。

ただ、彼女自身に問題があって借金を抱えていた場合、そういった女性はお金の管理が出来ない人である可能性が高い傾向があります。

女性は結婚をすると家計を担っていく訳ですから、お金の管理が出来ないと、あなたは一生借金まみれの結婚生活をすることになるかもしれません

実際、お金のトラブルは夫婦関係がこじれる最も大きな原因の一つです。

ですから、将来的なリスクを避けるという合理的な観点から見れば、借金のある女性とは結婚せずに別れる方が良いと思います。

男女の問題は簡単ではない!

ただ、実際の男女の問題はそんなに簡単に考えられないケースが多々あります。

例えば、あなたが彼女をものすごく愛していたり、或いは同棲や婚約をしていたりしていたら、どうでしょうか?

彼女に借金が発覚したからと言って、すぐ結婚はやめようとか別れようという気持ちにはなれないでしょう

彼女の借金を肩代わりすべき?

では、彼女に借金があることが分かっても、結婚を前提としたお付き合いをする場合、具体的にあなたはどうすれば良いのでしょうか?

もし、借金の額がそれほど大きくなければ、立て替えをしたり、肩代わりをしたりするのも一つの選択肢かもしれません。

しかし、一度、肩代わりしてしまうと、それが彼女に甘えるきっかけを与えることとなり、彼女の借金癖がズルズル長引いてしまう結果にもつながりかねません。

さらに、彼女の借金の額が大きい場合は、肩代わりをしようと思っても、あなたのキャパを超えている可能性もあります。

彼女の借金を彼女自身に解決してもらう

ですから、結婚をする方向で考える場合でも、二人の将来のために、彼女が自分で借金問題を解決するまで結婚を待って上げることをオススメいたします。

もちろん、借金の金額が大きいと彼女は自分の力で返済することが難しいかもしれません。

ですから、その場合は、彼女に弁護士や司法書士を通じて債務整理をしてもらうというのも一つの方法です。

もちろん、自己破産をするとなると、彼女だけでなく男性側にとっても心理的な負担は大きいかと思います。

しかし、任意整理や個人再生であれば、より少ない負担で借金問題を解決出来るというメリットがあります。

実際に彼女の借金を債務整理でどれくらい減らせるかは、以下の方法で簡単に調べられます。

一気に借金返済が出来ることが分かれば、きっと彼女も希望が湧いて来て、別れる必要もなくなってくるでしょう。

takeshi1

無条件に借金の肩代わりをするのではなく、借金の解決方法を教えて上げて、自力で借金問題を克服させて上げることが、彼女だけでなく、二人の将来にとって非常に有効な方法だと思いますよ。