借金 税金 払えない

借金の返済が厳しくなると、税金も払えない状況が生まれてきます。

実際、役所は税金の滞納に対してはシビアな対応を行なうので、もう死ぬしかないとさえ考えながら、自分を追い詰める人もいます。

では、そんな時は、どのように対応していけば良いのでしょうか?

ここではその具体的な対策について解説をしてきます。

税金を滞納して払えないとどうなる?

税金の支払いは憲法でも定められている国民の義務ということもあり、かなりシビアな側面があります

実際、住民税の例を挙げると、税金が払えない場合は

  1. 高い延滞金が掛かる(納付期限の1ヶ月までは2.7%、1ヶ月を経過すると9.0%)
  2. 督促状が届く
  3. 差押予告所書が届く
  4. 差押え予告通知書が届く
  5. 差押えが行なわれる

という順番で確実に追い込まれていきます。

参考記事:住民税を滞納して払えないとかなりヤバイって本当?

もちろん、税金を滞納した場合は役所に相談することによって、分割払いに応じたりてもらうことは可能です。

ただ、滞納した際に発生した延滞金を免除してもらうのは、災害にあった場合や、病気になったりリストラに遭ったりして無職になった場合など、よっぽどのことがない限り難しいです

参考記事:住民税の滞納延滞金は免除が可能?減免が可能な条件とは?

極端な話をしてしまえば、税金は借金をして支払う方が良い場合もあるのです。

税金が払えないで死ぬしかないと思ってる人達も

実際、税金が払えなかったり、支払で苦しんだりしている人達は、たくさんいらっしゃいます。

税金は借金してまで払うべきなのかと嘆いている方

税金とは、借金してまで払わないといけないのでしょうか?
今払えるだけの収入が有りません
生活するのに精一杯です・
それでも払えと言われても・・
私に払えないのなら死ねということでしょうか?

↓役所に行って、税金を払えないで差し押さえに遭ったら死ぬしかないと訴えたけれども、厳しい言葉を浴びせられた方

知人と一緒に役所の窓口に行き、「10万円も差し押さえられたら死ぬしかない」と訴えたが、「生活が厳しくても納めている人もいる」と言われたという。交渉の末、半分の5万円を返してもらった。今は生活保護を受けて暮らす男性は「恐ろしかった」と振り返る。

↓自分は税金を払うために生きてるいるようだと絶望している方

税金負担が本当に辛いです、辛いどころか払えません!!!!払えなければ利息を付けると脅し借金が膨れ上がって債務奴隷になってしまいます!!

こういった生々しい声を聞くと、税金を払えない場合、精神的にもかなり追い込まれてしまうことが分かります。

通常の借金は何とかなる

その一方で、税金ではなく、通常の借金に関しては、まだ何とかなるところがあります。

もちろん、借金の返済が出来ず、滞納を続けた場合でも、督促状が届き、再三の催促を無視していると最後は裁判所から差し押さえに遭うリスクがあります。

しかし、借金の場合は、弁護士や司法書士を通じて債務整理の手続きを行なうことによって、返済額を減らしたり、場合によってはチャラにしたりすることも出来ます

どれくらい借金を減らせるかは以下の方法ですぐに調べることが出来ます。

その一方で、税金が払えない場合は、借金と違って、債務整理をしても滞納分や延滞金をチャラにすることが出来ません。

最悪、自己破産をしても税金は免責の対象外となっています。

借金で税金が払えない場合、もちろん、どちらの支払いも大切です。

ただ、厳密に言うと、より優先すべきなのは借金より税金の支払いということになります。

借金で税金を払えない場合の対処法

もし、借金の返済がキツくて税金を払えない場合は

  1. 法律の専門家に相談して借金や月々の返済額を減らす
  2. 税金に関しては役所に相談をして、分割払いなど、どこまで可能か交渉をしてみる
  3. 債務整理で返済負担が軽くなった分を税金の支払いに回す

というのが、最も効率的な方法だと言えます。

takeshi1

税金が払えないと死ぬしかないと自暴自棄の状態に陥ってしまう方もいますが、今の借金の返済額を一気に減らすことが出来れば、税金も楽々と支払える可能性は高くなりますので、まずは弁護士や司法書士など、法律の専門家に一度相談してみて下さい。