借金を借金で返す人の中には責任感が強い人が多い傾向があるように思えます。

そういった方々はどんなことをしてでも借金を返さなければならないという気持ちを持っていらっしゃるからです。

もちろん、そうすることによって、一時的に滞納を逃れることが出来ます。

しかし、返済の内訳を見てみると、借金を完済する方向とは反対の方向へ進んでしまっていることが分かるようになります。

ここでは、借金を借金を返すことがなぜ危険なのが、その理由を説明しながら、具体的な借金返済の極意についてもお伝えしていきます。

借金を借金で返すことが危険な理由

借金を借金で返すことがどれだけ危険なことを分かって頂くために一つ例を挙げて説明します。

例えば、アコムの限度額が100万円になっていて、金利15.0%で限度額ギリギリまで借りていたとします。

そうすると、最低返済額は30,000円となるのですが、そこで20,000円までしかお金が準備出来ず、プロミスから10,000円を借金して、アコムの借金を返したとしましょう。

実は、ここでアコムに返済した30,000円の内、そこに占める利息は12,500円となります。

つまり、この場合、元金は一切減らず、逆にプロミスの利息まで加算されていくようになるのです。

こうなると、借金完済への道を登っているつもりが、逆の方向へ転がり落ちている状態となり、借金は雪だるまのように膨れ上がってしまうのです。

借金返済のコツは?

借金返済のコツは、ずばりいかに余計な利息を払わないようにするかということです。

なぜなら、月々の返済額に占める利息の割合が大きいと、返済しても返済しても元本が減らず、完済することが極めて難しくなってしまうからです。

そのような観点から見て、借金を借金で返すというやり方は、借金返済ができない状態になる典型的なパターンだということが出来るでしょう。

借金返済方法の極意

借金がどうしようもない状態になってしまった場合の対処法として、一つの有効なのは、おまとめローンというやり方です。

借金を借金で返す人は、すでに複数の貸金業者からお金を借りた状態となってしまっています。

おまとめローンはそういった借金を一つにまとめることによって金利を下げるというサービスとなります。

これによって月々に発生する利息を下げることが可能となります。

しかし、もっと究極的な極意は、金利を下げるのはではく、金利をゼロにするというやり方です

具体的には債務整理という手続きになりますが、この方法を使えば、借金を減らせるだけでなく、将来的にかかる利息をゼロに出来るので、あとは元本だけを返していくだけとなります。

実際に、こちらの方法を使って、面白いように借金を減らしている方はたくさんいらっしゃいます。

借金を借金で返す状態に陥ってしまったら

もし、あなたが借金を借金で返す状態に陥ってしまったら、既に自力で完済するのが難しい状態となっています。

そういった返済方法を続ける限り、利息や返済額は増え続けて、益々自分の首を絞める結果になってしまうからです。

takeshi1

ですから、そういう状態に陥ってしまった場合は、法律の専門家に相談をしながら、確実に借金を減らすためのアドバイスをもらうようにして下さい。