借金相談 司法書士

借金相談をする場合、司法書士と弁護士のどちらに依頼するのが良いのでしょうか?

いろいろなサイトを見てみると司法書士は司法書士の方が良いと言い、弁護士は弁護士の方が良いと主張しています。

(当たり前の話ですが・・・)

実際、どちらに依頼するのが良いかは、その時の状況によっても違って来ます。

ここでは、どちらに借金相談をするのが良いか解説をしていきながら、まずやるべきことについてお伝えしていきます。

個人再生や自己破産なら弁護士の方が良い

もし、借金相談をして債務の状況などから個人再生や自己破産が良いという話になった場合は、司法書士よりも弁護士に依頼することをオススメいたします。

なぜならば、司法書士は地方裁判所で扱う案件(140万円を超える案件)では、裁判所の代理人として立つことが出来ないからです。

(また、司法書士の中でも債務整理の案件を扱えるのは認定司法書士のみとなります。)

債務整理での140万円という額について

個人再生や自己破産では地方裁判所で手続きを行なうようになりますが、司法書士は書類の作成代行は出来ても、代理人として立つことは出来ません。

また、任意整理の場合でも1社あたりの借金の金額が140万円の超えたり、過払い金請求で140万円を超えたりする場合は、司法書士では対応が難しくなってしまうことがあります。

もし訴訟が起こった場合、地方裁判所で手続きを行なわなければならなくなってしまうからです。

途中で、司法書士から弁護士へ切り替えることも出来ない訳ではありません。

しかし、余分が費用が掛かってしまうので、最初から弁護士に依頼をした方が良いということになります。

司法書士は債務整理の費用が安い

その一方で借金相談を扱っている司法書士には報酬費用が安い傾向があるというメリットがあります。

実際、司法書士よりも弁護士になる方が難しいので、その分、弁護士には付加価値が付いて報酬費用が高くなっているという見方もあります。

また、司法書士の中には借金相談(債務整理)に特化あるいは集中して業務を行っているところも多いので、その分、費用が安くなる傾向があります。

例えば、任意整理だと基本報酬が1社あたり20,000円~というところもあります。

弁護士事務所だと1社だ6万円~8万円の費用が掛かってくるのが相場です。

ですから、任意整理や過払い金請求などで1社あたりの借金や過払い金の額が140万円を超えない場合は、司法書士に借金相談をした方がメリットが大きいと言えます。

また、司法書士の中には、個人再生や自己破産で手続きをするという話になった場合、書類代行までしか出来ず、裁判所には依頼者自身が足を運ぶ必要があるけれども、その分、費用は安くなるという事務所もあります。

ただし、自己破産で管財事件になった場合、弁護士であれば少額管財という形で費用を安くなる場合もあるので、ここら辺はケースバイケースとなります。

あと、司法書士の中には借金相談を受けた際、本来は個人再生や自己破産の手続きの方が良いのに、任意整理を無理強いするケースも稀にあるのでその点は注意する必要もあります。

どちらに借金相談するか考える前に

このように見て来た場合、借金相談を司法書士と弁護士のどちらにするか考える前に、どれくらい借金を減らせるかを知ることがかなり大切になってきます

実際にあなたの借金をどれくらい減らせるかは、この方法で簡単に調べることが出来ます。

借金がどれくらい減らせるかが分かれば、どの種類の債務整理を行なえば良いのか、大体の目安が見えてきます。

その上で、司法書士と弁護士のどちらに本格的な借金相談をしていけば良いか判断していけば良いでしょう。

takeshi1

司法書士と弁護士の違いを大体理解した後は、早めに借金相談をして、問題を解決されることを願っています。