借金苦で自殺を選択し死亡する人の話を聞くと本当に胸が痛みます。

そういった話を聞く度に、「もしそういった人が債務整理というものの存在を知っていれば・・・」と思ってしまうのです。

もし、あなたが借金苦で死亡するということを少しでも考えているのであれば、これからの内容に必ず目を通して下さい。

借金苦で死亡する人達の実情

厚生労働省では毎年、自殺対策白書というものが公表されています。

その白書によると、平成27年(2015年)の自殺者は24,025人となっていますが、理由ごとの内訳は以下のようになっています。

  • 健康問題:12,145人
  • 不詳:6,044人
  • 経済・生活問題:4,082人
  • 家庭問題:3,641人
  • 勤務問題:2,159人
  • その他:1,342人
  • 男女問題:801人
  • 学校問題:384人

この統計を見ても分かるように、借金苦が原因で死亡(自殺)した方の割合は、2番目に多くなっています

もっとも、国や自治体が、多重債務対策など借金苦で死亡する人の数を減らすために、様々な対策を行ってきたため、その数は、ピーク時に比べると半分ぐらいに減少しています

しかし、それでもまだ1年間で4,000人以上の人達が命を絶っているという悲しい現実があるのも事実です。

また、最近でも90年代にアイドルとして活躍した川越美和さんという女性が、知人の保証人になったことをきっかけに借金苦に陥り、結果的に35歳の若さで孤独死していたというショッキングなニュースが流れました。

こういう借金苦で死亡した方の具体的な事例を聞くと、借金問題を合法的に解決できる方法を一人でも多くの方に知って頂きたいと思うのです。

借金苦で死亡する必要は一切ない

実際に借金苦で死亡する方は、まだまだ多いですが、本当に借金苦で死ぬしかいない人は一人もいません

どうしても借金の返済が難しい場合は、自己破産を行なえば、すべての借金をチャラにして、マイナスではなく、ゼロからの出発をすることが出来ます。

また、自己破産まではいかなくても、任意整理を行ったところ、払い過ぎた利息(過払い金)が発生して、借金の額が劇的に減って、借金苦の負担が一気に軽くなるケースもたくさんあります。

借金苦で死亡するという道を選んでしまうのか、それとも借金問題を解決して奇跡の復活を遂げることが出来るか。

その運命の分かれ道は、専門家に借金問題の相談を出来るかどうかに掛かっています。

もちろん、借金苦の相談というと、弁護士や司法書士の法律事務所を訪ねていったり、消費生活センターや法テラスなどの無料相談所を利用したりする方法もあります。

ただ、最近ではネットの普及により、パソコンやスマホを通じて誰でも簡単に借金苦の相談が出来るところもあります

借金苦の相談先を選ぶ時のポイント!最も効率的な方法とは?

死ぬ気になれば何でもできる

借金苦でもし死を覚悟した人であれば、逆の見方をすれば、何でも出来る可能性を持っています。

一度でも死を覚悟した人ほど、強い人はいないからです。

まずは、法律の専門家に相談ををするという最初の一歩を踏み出した後、債務整理で借金問題を一気に解決して、あとは死ぬ気になってがんばれば、きっと明るい未来は開かれてくるはずです。

takeshi1

あなたの復活を応援してくる人は世の中にたくさんいますので、是非、希望を持ってがんばって下さい!