債務整理は借金が30万円でも可能なのでしょうか?

確かに30万円という借金は、債務整理をする観点から見ると、少額の部類に入ってしまいますが、収入が少ない人にとっては負担を重たく感じているケースもありますよね。

ただ、債務整理を行うと弁護士や司法書士に対して費用が発生します。

ここでは、そういった費用面も考えながら、借金が30万円でも債務整理を行った方が良いのが具体的に解説をしていきます。

借金30万円を自力返済する場合

例えば、消費者金融から18%の金利で30万円借りていた場合の返済プランは以下のようになります。

月々の返済額 返済期間 最終的に支払う利息
1万円 3年5ヶ月 101,523円
8,000円 4年8ヶ月 144,171円

もし、金利が18%の場合、最終的に支払う利息の金額は、月々の返済額によっても異なりますが、大体、10万~15万円ぐらい支払うケースが多いです

借金30万円でも債務整理は可能?

では、30万円の借金の返済がキツイ場合でも、債務整理は行った方が良いのでしょうか?

個人再生や自己破産はオススメできない

まず、個人再生の場合は、最低弁済額が100万円なので、借金が30万円の場合はやる意味がありません。

次に自己破産ですが、弁護士や司法書士に依頼した場合の費用の相場は20万~50万円です

借金を減らせる金額よりも、弁護士は司法書士へ支払う費用が上回ってしまう可能性が高いので、やらない方が良いでしょう。

任意整理はやったほうが良い!?


その一方で、任意整理を行った場合、将来利息がカットされるので、先ほどのような10~15万円の利息を払う必要がなくなります

そして、残債を3年~5年で返済することになるので、月々の返済額の目安は以下のようになります。

  • 返済期間3年:8,333円
  • 返済期間4年:6,250円
  • 返済期間5年:5,000円

しかし、その一方で、任意整理を行った場合でも、弁護士や司法書士へ支払う費用は発生します。

任意整理の費用の相場は、債権者1件あたり3万~5万円です

>>任意整理の費用を比較!相場と安い法律事務所を選ぶポイント

ですから、仮に債権者が1件であった場合は、任意整理の費用は3万~5万円掛かることになりますね。

任意整理を行うと、将来的な支払いを免除される利息から、任意整理の費用を差し引いた金額、すなわち、大体、数万円~10万円ぐらい得をする計算になります

ただし、債権者が複数ある場合は、費用が10万円以上掛かって、任意整理をやる意味がまったくなくなってしまう可能性もあるので、ご注意下さい。

あとは、任意整理の費用が、債権者1件あたり2万円という事務所ありますので、そういった費用が安いところを選んで依頼するのも一つの方法です。

任意整理を行う場合の注意点


借金が30万円ぐらいだと、債権者が1件であるケースも多いです。

弁護士や司法書士によっては、債権者が1件のみだと、依頼を断るところも多いです

ですから、任意整理を行う場合は、費用面だけでなく、債務整理の手続きを引き受けてくれるか事前に確認をする必要もあります。

任意整理のデメリットも考慮すべし


たとえ、利益となる金額が数万円程度でも、借金の負担が少しでも軽くなるのではと考える方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、その一方で、任意整理を行うと約5年間、信用情報機関に事故情報が登録されて、ブラックリスト状態になってしまうというデメリットがあることを事前に認識する必要があります。

その期間は、新たな借入れが出来ないため、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることが出来なくなります

借金の負担が劇的に減るのであれば、こういったデメリットも甘受しやすいかと思います。

しかし、借金が30万円で、減らせる負担が数万円~10万円程度の場合は、これだけの負担を減らすために、ブラックリスト状態になるべきか考えるよく考える必要があります

もちろん、任意整理後の返済中に、お金が足らなくなると、別のところから借りることは出来なくなるので、余裕を持った返済プランを事前に立てる必要があるのです。

>>100万円以下の借金を任意整理する場合のメリットと注意点

まとめ

借金が30万円でも条件によっては、債務整理は出来ない訳ではありません。

ただ、費用面から考えて、個人再生や自己破産は難しい可能性が高いです。

また、任意整理であれば、可能な場合もありますが、得られる利益は、多くても数万円~10万円程度です。

takeshi1

ですから、30万円を任意整理すべきかどうかは、任意整理のデメリットも考慮しつつ、弁護士や司法書士とよく相談しながら、判断されることをお勧めいたします。