先物取引 失敗談 破産

先物取引はハイリスクハイリターンの性質を持っているので、失敗すると多額の借金を抱えてしまうこともあります。特に、先物取引で欲を出しすぎてしまった方の中には、こういった落とし穴にハマってしまうケースをよく見かけます。

この記事では、先物取引の失敗で多額の借金を抱えてしまった方の体験談をご紹介すると共に、その方の失敗談を通じて、先物取引では、どういったパターンで借金を抱えてしまいやすいのか、また、そうやってできた借金でも自己破産を通じて解決できるのかという点について解説をしていきます。

この記事を書いた人

 

借金問題専門家 タケシ

以前、325万円の借金を任意整理を行なって完済した体験を持つ借金問題の専門ライターです。
借金問題や債務整理に関するコンテンツは、既に1,500記事以上、執筆しています。

先物取引の失敗で破産をした人の体験談

当サイトでは、先物取引の失敗談を募集したところ、先物取引の失敗で700万円の借金を抱え、最終的に自己破産で解決した方が体験談を寄せてくださいました。まずは、その体験談の内容をお伝えしていきます。

先物取引で借金がさらに膨らむ

私は、若い頃から借金癖があり、常に100~200万円くらいの借金をしてはボーナスで完済するということを繰り返していました。借金は、当初は株式の信用取引での運用資金として利用していたんですね。

しかし、損失が大きくなり借入額が500万円ほどとなってしまったので、徐々に生活にも影響が出始めていました。そこで、株の信用取引の損失を取り戻そうとして先物取引にも手を出すようになったのです。ただ、結果的には失敗し、借金は700万円まで膨らんでしまいました

一時は1,000万円のプラスだった

こうやって書くと、最初からダメだったように思われるかもしれません。しかし、良い時には、レバレッジをかけることによって、プラスで1,000万円以上の利益を上げている時もあったんです。

しかし、人間の欲望とは怖いものです。プラスの時に借金を完済しておけばよいものを、もっと儲けようと考えてしまうんですよね。ただ、それが結局、仇となり、逆に大きな損失を抱えることになってしまったのです。

当時、東日本大震災という想定外の災害が起こってしまい、それによって、レバレッジが完全に逆方向に作用して、すべてのプラスを吐き出すことになり、追証による借金だけが残ってしまいました。

悪いことは重なるもの

残った借金は、楽天カードローン200万円、三井住友銀行カードローン200万円、みずほ銀行カードローン100万円、レイク150万円、アコム50万円、プロミス50万円、アイフル50万円という感じでした。とにかく借りられるところからは借りまくったという感じですが、その結果、毎月の返済額は約20万円まで膨らんでしまったんです。

それでも、何とか返済だけはできましたが、返済をして少しでも枠が空くとすぐに借り入れて、やっと何とかやっていけるという状況でした。

ところが、悪いことは重なるものです。会社の業績が著しく悪化し、収入が大幅に減少することになってしまったんですね。

先物取引の借金でも自己破産は可能?

給与は、そこまで下がりませんでしたが、ボーナスは大幅カットされることになったのです。もはや返済不能な状況に陥ることは確実であったため、弁護士事務所に債務整理の相談をしようと決めたんです。

ネットで調べると、借金をどれだけ減らせるか、無料で調べてくれるサービスがいろいろあったので、その一つを利用して、そこで相談に乗ってくれた弁護士に債務整理の依頼をして自己破産を申請することにしました。

>>藤森法律事務所の無料診断サービスはこちら

その結果、700万円の借金はすべて免責されることになりました。実は、ネットで調べている時、株や先物取引が原因の借金は免責されづらいという話を見かけていたので、ちょっと不安な気持ちもありました。ただ、はじめての債務整理の場合では余程のことがない限り免責されるようです。

一時はどうなるか思いましたが、何とか自己破産をすることができて、ホッとしました。

自己破産はメリットばかりだった

自己破産の依頼をした際、弁護士に支払う費用は数十万円ほど発生しました。ただ、弁護士事務所に依頼した時点から、支払いがストップしたので、返済予定のお金で弁護士事務所の手数料は賄うことができました。そういった意味で、費用的な負担はほとんど感じなかったですね。

むろん、カードは利用できませんが、これについてはもうこりごりというところですので何の問題もありません。

また、私の場合には、自宅も賃貸で車も所有していませんでしたので、自己破産はメリットばかりでデメリットはほとんど感じられませんでした。

先物取引で失敗し、借金まみれになっていた時は、本当にきつかったですけど、思いきって自己破産をして良かったと思っています。

先物取引の失敗談から分かること

この方の先物取引の失敗談から、いろいろなことがお分かりいただけたのではないでしょうか。ここでは、重要な点を2つピックアップしてお伝えしていきます。

先物取引で失敗するパターン

まず、一つ言えることは、先物取引は、あまり欲張りすぎると、思わず落とし穴にハマって借金を抱えてしまうことがあるということです。

その典型的なパターンがレバレッジです。例えば10倍のレバレッジをかければ、100万円の投資額で1,000万円の取引ができるので、利益がでれば10倍の効果が生まれます。しかし、その一方で、損失がでれば元の投資金が吹っ飛ぶだけでなく、損切り(ロスカット)ができなければ、追証という追加証拠金を払う羽目になり、その結果、多額の借金を抱えてしまうケースがあるのです。

先物取引でも破産の免責は受けられる

先物取引の失敗談から分かるもう一つの話、それは、たとえ先物取引で借金を抱えてしまったとしても、自己破産によってすべての借金を免責してもらうことも可能だということです。

一般的に、先物取引などの投資で借金を抱えてしまった人が、自己破産を行なうとした場合、免責不許可事由というものに引っかかってしまうため、免責を受けられない場合があると言われています。ただ、実際に先物取引で借金を抱えた後、破産をした人の体験談を聞いてみると、意外に簡単に免責を受けたという話をよく聞きます。

その点については、以下の記事でも詳しく解説しています。

先物取引での借金は自己破産ができないという話は本当か?

もちろん、先物取引を行なう場合は、あまり欲張りすぎてはいけません。ただ、仮に失敗したからといって、必ずしも自己破産ができない立場に追い込まれるわけではありません。ですから、もし、すでに先物取引で借金を抱えているけれども、自己破産ができないと思い、悩んでいる方がいらっしゃれば、一度、弁護士の無料相談を受けてみることをおすすめします。

>>自己破産に強いおすすめ弁護士事務所・相談所

まとめ

先物取引で失敗をするということは、そこに携わっている人であれば、誰でも起こり得ることです。ですから、こういった失敗談から教訓を得つつ、無理な投資は抑えながら、戦略を立てていくことが大切です。また、万が一、先物取引に失敗したとしても、そこからリカバリーする手段を知っておけば、いざという時、役に立ちます。

もし、すでに先物取引で失敗をしてしまった方は、こちらの方の失敗談を参考にしながら、できるだけ早く、生活を元の状態に戻せるようになることを願っています。

takeshi1

先物取引で失敗をして借金を抱えると目の前が真っ暗になってしまいますが、こちらの体験談の方のように、そこから回復できる道はありますので、弁護士の力も借りながら、ぜひ、がんばって乗り越えていってくださいね。