夜逃げ 子供

夜逃げ先で子供はを学校に通わせることは出来るのでしょうか?

夜逃げの方法として、貸金業者からの追跡をかわすために、住民票は移さないということが原則です。

その一方で、子供の学校は、住民票があるところに通うというのが基本ルールとなっています。

その場合、実際に学校へ転校手続きをすることが出来るのかという点について解説をしながら、家族を巻き込まない方法もご紹介していきます。

子供を学校に通わせることは可能

学校は住民票があるところに通うのが原則になっていると、夜逃げをした人の子供の転校手続きについて不安に思う方がいらっしゃるかと思います。

まず、結論から言うと、夜逃げをしても公立の小学校や中学校であれば子供を学校に通わせることは可能です。

具体的には、役所の教育委員会に事情を話した上で、転校手続きをするようになります。

ですから、わざわざ子供の住民票だけどこかに移すとか考える必要はありません、

こういうことが出来るのは2つの理由が考えられます。

一つは、小中学校は義務教育なので子供には教育を受ける権利があるからということ。

そしてもう一つは親が夜逃げをしても子供には罪がないからということです。

ですから、子供の学校の転校手続きに関しては、それほど心配をする必要はないということになります。

夜逃げと子供への影響

ただ、夜逃げをしても子供が学校へ通えるからといって、完全に問題がなくなるワケではありません。

例えば、住民票を異動させなければ、健康保険証を利用することが出来なくなります

ですから、子供が病気になった場合は、医療費を全額支払わなければならないので、場合によっては子供が満足な治療を受けられない可能性が出て来ます。

また、夜逃げをする人は、前もって子供に話さないケースがほとんどです。

なぜなら、子供に夜逃げすると話したら、子供が親戚や友達に話してしまって、それがきっかけで貸金業者に居場所がバレてしまうリスクがあるからです。

しかし、突然、夜逃げをしたら、子供に対する精神的なダメージはかなり大きくなってしまうでしょう。

夜逃げをした人のその後の生活はこんなに悲惨!

家族に迷惑をかけないためには?

ですから、もし借金返済できないことが夜逃げをしたい理由になっているのであれば、債務整理を行なった方が、子供など家族への負担はグッと少なくなります

なぜなら、借金はあくまでも本人の問題なので、自己破産をしたからといっても、子供が連帯保証人になっていない限り、借金の返済義務を負うことはないからです。

夜逃げと違って、債務整理では家族が巻き込まれる心配はほとんどありません

実際に債務整理でどれくらい借金が減らせるかは、この方法で簡単に調べることが出来ます。

債務整理をすると、生活が一変してしまうのではと考える人もいるかもしれません。

しかし、たとえ自己破産をした人であっても、その後の生活は普通と変わらないケースがほとんです。

また、どうしても生活が厳しい場合は自己破産後に生活保護を受けるという方法もあります。

社会にはあなたの最低限の生活を保障してくれるシステムがしっかりあるのです

下手に夜逃げをして、仕事や住むところがままならず、結果的にホームレスになってしまう人もいますが、そんなリスクを負う必要はまったくないのです。

takeshi1

債務整理の手続きは、条件によっては、子供や家族に内緒で行なうことも可能なので、一度、弁護士や司法書士に相談してみることをお勧めいたします。