旦那 借金 離婚 慰謝料

旦那さんが借金ばかりしていると、それが原因で離婚したいと思う主婦の方は少なくありません。

ただ、旦那に経済力がないと、果たして慰謝料や養育費をまともにもらえるのか心配になってしまうところですよね。

そこで、ここではそういったお金の部分がどうなっていくのかについて解説をしていきます。

また、旦那さんの借金はこちらの方法で一気に減らして、離婚をせずに問題を解決出来る可能性もあるので、ご参考にして下さい。

慰謝料はもらえるのか?

慰謝料は相手方の不当な行為によって、精神的な苦痛を受けた場合に払われるものです。

どういった理由で離婚するかによって、額は違ってきますが、慰謝料の相場は一般的に50万円~400万円だと言われています。

ただ、これは旦那さんに借金がなく経済力がある場合の相場です。

借金が原因で離婚をする場合は、旦那さんの経済力が低いので、慰謝料については、あまり期待しない方が良いでしょう。

旦那が自己破産した場合は慰謝料はどうなる?

仮に、慰謝料を請求できたとしても、その後に旦那さんが自己破産をしてしまうことがあります。

この場合、慰謝料はどうなってしまうのでしょうか?

慰謝料は原則として、免責の対象となってしまうので、そうなってしまうと、慰謝料がもらえなくなってしまいます

ただ、慰謝料が発生した理由が、破産者(旦那)が

  • 悪意で加えた不法行為
  • 故意または重過失により人の生命や身体を害する不法行為

に該当した場合は、非免責債権として扱われ、旦那さんは自己破産をしても慰謝料の支払い義務を免れることが出来なくなります

夫婦の借金と見なされたら返済義務が発生する場合も

また、旦那さんが借金を抱えている場合、一つ注意すべき点があります。

それは、もし、旦那さんの借金が夫婦や家庭の日常生活のために借りたお金であった場合は、日常家事債務として見なされ、返済義務が発生する場合があるということです。

ただ、借金の原因が単なる旦那さん個人の浪費によるものであれば奥さんは返済義務を負いません。

借金の返済義務は夫婦だと共有することになるの?

養育費は借金と関係ない

一方で、養育費に関しては、これは借金があるないに関わらず、子供を引き取った側は、相手から受け取る権利が発生します。

借金の事情よりも、成人するまで子供を育てる親の義務の方が優先されるからです。

仮に旦那さんが、離婚後に自己破産をしても養育費の支払い義務から免れることは出来ません。

また、養育費の支払いが遅れると、旦那さんに対して最大年5%の遅延損害金を請求できることが民法419条で決まっています。

ただ、それでも、旦那さんは離婚後も多額の借金を抱えていると、養育費の支払いが滞ってしまうケースも出て来ます。

ですから、そういった場合は強制執行の手続きを行って、旦那さんの給料を差し押さえるなどの手続きを行なう必要も出て来ます。

旦那の借金で離婚を考える前に

旦那がギャンブルにハマったりして、借金を抱えてしまうと離婚したいという気持ちになってしまうのは、ある意味しょうがないかと思います。

一応、借金が理由でも離婚が認められるケースはあります。

夫の借金が原因で離婚できる?中には後悔する人も・・・

ただ、離婚をした場合、奥さんが受けるダメージも計り知れません

takeshi1

ですから、もし可能であれば、旦那さんの借金問題を解決して上げて、二人で再出発する道を検討していくのも一つの方法かと思います。