借金150万円を返済していこうとする場合、どれくらいの利息を払うことになるのでしょうか?

ここでは、金利や利息に応じた返済期間や利息について具体的な計画をお伝えしていきます。

借金150万円の返済計画

まずは、借金150万円を返済する場合の月々の返済額ごとの返済期間、そして利息についてお伝えしていきます。

金利5%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 16回(1年4ヶ月) 52,194円
8万円 20回(1年8ヶ月) 65,118円
5万円 33回(2年9ヶ月) 105,707円
3万円 57回(4年9ヶ月) 185,506円

金利8%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 16回(1年4ヶ月) 85,704円
8万円 21回(1年9ヶ月) 107,726円
5万円 34回(2年10ヶ月) 179,170円
3万円 62回(5年2ヶ月) 330,633円

金利10%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 17回(1年5ヶ月) 109,068円
8万円 21回(1年9ヶ月) 107,726円
5万円 35回(2年11ヶ月) 233,301円
3万円 65回(5年5ヶ月) 448,426円

金利12%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 17回(1年5ヶ月) 133,405円
8万円 21回(1年9ヶ月) 169,443円
5万円 36回(3年) 292,289円
3万円 70回(5年10ヶ月) 589,806円

金利15%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 17回(1年5ヶ月) 171,592円
8万円 22回(1年10ヶ月) 219,977円
5万円 38回(3年2ヶ月) 391,756円
3万円 79回(6年7ヶ月) 868,611円

金利18%の場合

月々の返済額 返済期間 利息
10万円 18回(1年6ヶ月) 212,063円
8万円 23回(1年11ヶ月) 274,539円
5万円 41回(3年5ヶ月) 507,721円
3万円 94回(7年10ヶ月) 1,293,252円

借金150万円がやばいラインは?

車のローンやおまとめローンなどで金利が5%~8%ぐらいの範囲であれば、完済まで支払う利息の総額は20万円以内ぐらいに抑えることは可能なので余裕で返済が可能かもしれません。

しかし、金利が12%を超えて来て、かつ月々の返済額が5万円を下回ってくると、利息の負担は数十万単位になってくるので、返済負担はかなりやばいラインになってきます。

最悪なのは、金利が利息制限法の上限である18%(複数の消費者金融から借入をしているとこのような金利になります)で、最低返済額に近い3万円で返済し続けるということです。

そうすると、完済までに支払う利息は1,293,252円と借りた150万円と同じぐらいの金額になってしまいます。

借金150万円の返済方法

もし、金利が高くても、月々の返済額を8万円~10万円に増やすことが出来れば、利息の金額を20万円前後に減らすことが出来るので、自力返済をお勧めいたします。

返済期間も2年以内に出来るので、短期集中で節約をがんばったり、副業をしたり、奥さんが専業主婦であればパートの仕事をしてもらったりすることで十分完済が可能だと思います。

しかし、もし、給料が20万円程度で、最低返済額を支払うのがやっという方であれば、債務整理を行ってで、借金の負担を軽くするのも良いでしょう。

例えば、借金150万円に対して、任意整理を行なえばどうなるかは、こちらのページでご紹介をしています。

参考記事:借金150万円の返済は余裕?それとも任意整理?

takeshi1

150万円の返済計画を立てれば、今のペースで返済を続けていると、どれくらいの利息を払うことになるのかが、すぐに分かりますので、その上で、損失を最小限に減らせるよう検討してみて下さい。