借金返済のプレッシャーに耐えきれなくなった人の中には「何とかして借金から逃げる方法はないか?」と考える人がいらっしゃいます。

借金から逃げる方法として、よく言われるのが夜逃げですが、この方法で借金から逃げ切ることは可能なのでしょうか?

また、他にもっと良い方法はないものなのでしょうか?

借金から逃げるためのポイント

借金から逃げるために、押さえなければならないポイントは、住所不定にすることです。

なぜなら、夜逃げをした場所に住民票を異動すると、貸金業者などは、あなたの住所を特定して、督促状を送ったり、訴訟を起こしたりすることが可能となるからです。

実際、消費者金融などの貸金業者は、借金を返済しない人の住民票の写しを役所から入手することは可能だと言われています。

ですから、夜逃げをした先の場所は誰にもバラしてはいけないのです。

夜逃げの成功の基準って何?

時々、「夜逃げに成功した」とか「借金の返済から逃げ切った」という話を聞くこともありますが、そもそも夜逃げの成功の基準とは何でしょうか?

一つの基準として借金の時効が来るまで逃げ切るということがあります。

借金の消滅時効は一般的に以下のように決まっています。

  • 貸金業者からの借金:5年
  • 個人からの借金:10年

ただ、この時効の期間を逃げ切れれば成功という訳ではなく、期間が過ぎた後に時効の援用手続きを行なう必要があります。

また、時効の期間は以下の条件によって中断してしまいます。

  • 債務を承認した(1円でも返済に応じた)
  • 催促を受けたり、裁判上の請求をされた
  • 差し押さえ・仮差押えの処分を受けた

参考記事:サラ金からの借金の時効について

つまり、時効を中断させずに、消滅時効を期間を過ぎ、時効の援用を行って初めて夜逃げの成功ということになるのです。

借金から逃げるリスク

ただ、借金を放置して、住民票を異動させず逃げ続けるという方法には以下のようなリスクがあります。

住民票がない不便さ

住民票は、仕事・健康保険・賃貸・免許・子供の学校など生活に欠かせない手続きの中で必要なものです。

ですから、住民票を異動させないと生活の様々な点で、不便さが生じてしまいます

また、家族、特に子供に対して多大な迷惑が掛かってしまうでしょう。

参考記事:夜逃げをした場合の住民票の問題

遅延損害金(延滞利息)は増え続ける

借金から逃げている間は滞納状態が続くので遅延損害金はどんどん増えていきます

遅延損害金は年率20%にしているところが多いですが、例えば300万円の借金を放置していて、3年間逃げ続けると、遅延損害金は180万円になります。

ですから、もし、時効が中断したりして夜逃げが失敗したら、逆にもっと多くのお金を返済しなければいけなくなってしまうのです。

ブラックリスト状態が長期化する

借金から逃げて滞納をすると、信用情報機関に延滞情報が登録され続けます。

また、仮に消滅時効を援用出来たとしても、貸金業者によっては信用情報の事故情報を放置するケースもあります

ですから、借金から逃げ続けた場合、ブラックリスト状態がいつ解除されるかは、予測が付かなくなってしまうのです。

海外に逃げる方法はあり?

借金が返済できない人の中には、国内で夜逃げする場合だと、いつか見つかってしまう可能性があると思って、海外に逃げる方法を考える人もいます。

確かに、海外まで逃げれば、貸金業者もさすがに追っては来れないでしょう。

しかし、冷静に考えてみて下さい。

海外に逃げる場合は、まず海外へ行くまで費用がかなり掛かります

また、現地で生活をするには仕事をしなければなりませんが、海外で仕事をすることは日本で働くよりも遥かに大変です

参考記事:借金が返済出来なければ海外逃亡ってアリなの?

債務整理は借金から逃げる方法ではない

よく自己破産をするのは、借金から逃げることだという人もいますが、実際はそうではありません。

なぜなら、自己破産を含む債務整理は、弁護士や司法書士を通じて行なう合法的な手続きだからです

また、借金から逃げるよりも、自らの借金問題とキチンと向き合い、債務整理を行った方が以下の理由から遥かに楽だと言えます。

貸金業者からの取り立て・催促が一時的に止まる

債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼をすると、貸金業者に対して受任通知が送られますが、その段階で取り立てや催促、そして毎月の返済義務が一時的にストップします

借金から逃げる場合は、「いつ貸金業者が追いかけてくるか」とビクビクしながら不安な日々を過ごすことになります。

しかし、債務整理を依頼すれば、あとは弁護士や司法書士にお任せして、結果を待てば良いだけです。

そして、自己破産であれば借金が免責されますし、任意整理や個人再生では、減額された借金や返済額を3年~5年で支払っていくことになります。

住民票を異動する必要もない

債務整理をする場合は、当たり前ですが、住民票を異動する必要はまったくありません。

また、夜逃げをしたら友人、職場の同僚、友人、親戚などに逃げたことがバレバレになってしまいます

しかし、債務整理はそういった人達に内緒で借金問題を解決することが出来るので、逃げるよりも遥かに楽なのです。

ブラックリスト状態は限定的

債務整理をすれば、信用情報機関に事故情報が約5年~10年登録されるというデメリットが生じます。

しかし、逆の見方をすれば、その期間を過ぎれば、信用情報は元の状態に回復するので、期間は限定的だと言えます

つまり、借金から逃げる時のように、いつブラック状態が解除されるか分からないような事態は起こり得ないのです。

精神的に全然違う

借金から逃げる人と債務整理をする人の気持ちを比べてみると以下のように全然違います。

  • 借金から逃げる人:不安、プレッシャー、恐怖、後ろめたさ、人生終わった感
  • 債務整理をする人:安心、喜び、希望、再出発をするというやる気

どちらも行為も「借金の苦しみから解放されたい!」という動機になっているという点では共通していますが、気持ち的に起こる変化は正反対だと言えるのです。

takeshi1

借金から逃げる方法はないことはありませんが、それよりも債務整理を行った方が遥かに楽なので、まずは気軽に弁護士や司法書士に相談をしてみて下さい。