借金が700万円まで増えてしまった場合、自力返済をするか、それとも債務整理をしてしまうか、悩むところだと思います。

この点に関しては、700万円の借金の金利によっても状況が変わって来ます。

ここでは、700万円の借金をどう返済していくのか、条件ごとの対応方法について解説をしていきます。

700万円の借金が奨学金である場合

借金700万円を債務整理するかどうか判断する上で、分岐点となるのはやはり金利です

もし、700万円の借金の内訳の全額、或いは大半が奨学金の場合は、極力、自力返済をお勧めいたします。

その理由は、奨学金は金利が非常に低く、月々の返済額もある程度、抑えられるからです。

例えば、700万円の奨学金を1%の金利で借りていた場合、20年間の返済期間で、月々の返済額は3万円ちょっとぐらいになります。

もちろん、手取りの年収が20万円を下回るようなケースだと返済は大変かもしれません。

しかし、3万円の返済額であれば、節約をしたり、週末にバイトをしたりするなど、今の生活にプラスαの努力を加えていくだけで、何とか乗り越えられる可能性は高いと思います。

或いは、奨学金を払えない場合は、日本学生支援機構に連絡をして、返済期間を猶予してもらったり、月々の返済額を減らしてもらうという方法もあります。

参考記事:奨学金を返せない場合の対処法

その内に、給料も上がって来れば、給料の範囲内で返済が出来るようになって来るでしょう。

700万円の奨学金を債務整理する場合の問題点

それでも、もし、奨学金で出来た700万円の借金を債務整理する場合は、注意すべき点がいくつかあります。

まず、奨学金は元々低金利なので、任意整理をして将来利息をカットしてもあまり意味がありません

また、親や親戚に保証人になってもらっている人的保証の場合は、個人再生や自己破産をすると、返済出来なかった分の返済義務が保証人に対して行ってしまいます

ただ、人的保証ではなく、機関保証であれば問題ありません

参考記事:奨学金が機関保証であれば個人再生や自己破産でも大丈夫?

金利が高い借金がある場合は?

しかし、その一方で、700万円の借金の金利が高いと、状況はまったく異なって来ます

もちろん、700万円の借金全額が消費者金融からの借金という人はいらっしゃらないでしょう。

なぜなら、消費者金融からの借金は総量規制のルールで年収の三分の一までと決められているからです。

ただ、仮に金利が8%ぐらいであったとしても、利息はかなり掛かって来ます。

月々の返済額 返済期間 利息の金額
12万円 75ヶ月 1894084円
15万円 57ヶ月 1413119円
18万円 46ヶ月 1129860円

毎月、10万円以上をガンガン返済しても、最終的に支払う利息の金額は、100万円~200万円になってしまいます。

もちろん、これは返済だけに集中した場合でのシミュレーションです。

途中で、返済がうまくいかない場合は、返済期間がさらに延びて、最終的に支払う利息は200万円を超えてしまう可能性も出て来てしまうでしょう。

借金700万円を債務整理するメリット

ですから、返済プランがこのようになりそうな場合は、早めに債務整理をして、損失を最低限に抑えるという方法も一つの大切な選択肢になってくるかと思います。

債務整理をした場合、費用が数十万円掛かることもありますが、それ以上に本来払うべきであった利息の支払いが免除され、700万円の借金自体を減額することも可能だからです。

借金700万円を債務整理する場合のシミュレーションや注意点については以下の記事にまとめています。

参考記事:借金700万円を債務整理する場合

或いは、弁護士や司法書士など法律の専門家に直接、減額診断をしてもらうという方法もあります。

takeshi1

700万円の借金の返済方法は、金利によっても大きく異なって来ますので、返済シミュレーションをしっかり立てた上で、損失が大きそうな場合は、早めに弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。

多くの人達が借金の悩みを解決しています!

「毎月の返済が厳しい・・・」
「返しても返しても借金が減らない・・・」
「取り立ての連絡が怖い・・・」

そんな時、法律の専門家に相談すれば借金を減らす方法を教えてもらうことが出来ます。

返済が難しい借金は放置すると毎日、利息が増えていくので、その分、確実に損をしてしまいます。

ですから、1人では決して悩まず、早めに相談をして、新しい人生の第一歩を踏み出してみて下さい。

>>今すぐ借金をどれだけ減らせるか調べてみる