司法書士法人杉山事務所

杉山事務所は、消費者金融が恐れる司法書士としてランキング一位を獲得したことがあるほど、過払い金返還請求に強い法律事務所です。

また、各債権者との任意の交渉によって和解を行なう任意整理の手続きでも、杉山事務所はオススメです。

ただ、過払い金返還請求や任意整理ではなく、個人再生の手続きの方が良いということになった時、杉山法律事務所はどこまで対応が可能なのでしょうか?

杉山事務所でも個人再生は対応が可能

一般的に、司法書士事務所は、地方裁判所が扱う140万円以上の案件では、債務者の代理人として立つことが出来ません

ですから、もし、杉山事務所に債務整理の相談をしたところ、個人再生の手続きをすることになった場合、弁護士事務所に改めて相談をしなければならないのではないかと勘違いする方がいらっしゃいます。

しかし、杉山法律事務所でも個人再生の手続きは可能です。

実際に杉山事務所の公式HPでは、以下のような個人再生の手続きによる解決事例が紹介されています。

借入状況 借金の総額 個人再生後の借金
消費者金融5社 560万円 100万円に減額
1ヶ月あたりの返済額33,000円
消費者金融3社
信販会社2社
銀行2社
560万円 120万円に減額
1ヶ月あたりの返済額35,000円

ですから、杉山事務所に無料相談をして、任意整理だと難しい場合は、そのまま個人再生の手続きを依頼することも可能なのです。

杉山事務所の個人再生の費用

杉山事務所に個人再生を依頼した場合の費用は以下のようになっています。

  • 報酬:30万円(税抜)
  • 予納金(雑費):3万円
  • 住宅ローン特則を利用する場合はプラス5万円

実際、弁護士に個人再生を依頼した場合、報酬費用は数十万掛かるのが相場なのですが、それに比べれば、杉山事務所の個人再生の費用は安いとも言えます。

杉山事務所に個人再生を依頼する場合の注意点

杉山事務所に個人再生の手続きを依頼することは可能ですが、注意点もあります。

債務者の代理人になることは出来ない

杉山事務所は司法書士事務所であり、債務者の代理人に立つことは出来ないので、個人再生を行なう際、杉山事務所が行なう業務は、書類作成代行業務が中心となります

ですから、個人再生委員が選任された場合、個人再生委員(基本的には弁護士)のいる事務所へ行かなければなりません。

また、裁判所から審尋をされる場合は、本人が裁判所を出頭する必要があります。

個人再生委員の費用が高くなる

個人再生の手続きを行なう際、個人再生委員が選任される場合があります。

東京地方裁判所では、必ず個人再生委員が選任されますが、弁護士を通せば本来15万円になるところが司法書士に依頼した場合は25万円になってしまいます

そして、東京地裁以外の裁判所では、弁護士が立たなければ、個人再生委員が選任され、そこで20万円の予納金の支払いが原則として求められてしまいます。

ですから、司法書士の個人再生の報酬費用が安いといっても、裁判所への予納金も含めたトータルの費用を考えると、それほど変わらないとも言えるのです。

参考記事:司法書士法人杉山事務所の口コミ・評判~2chなどでは?

まとめ

このように個人再生の手続きを行なう場合、やはり司法書士より弁護士の方が有利になることは否めません。

ですから、最初から、個人再生を希望している人は、弁護士など個人再生に強い法律事務所に依頼をするのが良いでしょう

ただ、任意整理で解決できる可能性が高い人は、最初に杉山事務所の無料相談を受けるのも良いかと思います。

もし、任意整理で手続きが可能であれば、杉山事務所は、その交渉能力をいかんなく発揮してくれますし、万が一、任意整理では難しい場合でも、個人再生の手続きにそのまま移行することが可能だからです。

↓杉山事務所への無料相談はコチラ↓

takeshi1

杉山事務所は、消費者金融などの債権者との交渉には豊富な実績と強みがあるので、まずは、どれだけ借金を減らすことが出来るか、気軽に相談してみてはいかがでしょうか?