借金解決ゼミナールという名前でした)の費用について解説していきます。

借金解決ゼミナールは、匿名で借金減額の無料相談が出来るサービスですが、やはりどこから、どのタイミングで費用が掛かって来るのか気になる方も多いかと思いますので、具体的に解説していきます。

借金解決ゼミナールはどこまで無料?

借金解決ゼミナールは、何度、相談をしても無料となっています。

実際、借金の無料相談が出来るサービスを行っているところの中には、相談の回数や時間が決まっているところもあります

しかし、制限があると、気持ちが焦ってしまい、落ち着いて相談することが出来ない人もいらっしゃるかと思います。

そういった意味で、借金解決ゼミナールのサービスは安心して利用することが出来ます。

また、借金解決ゼミナールを利用した場合、借金問題の解決法については、基本的に債務整理の手続きが紹介されます

実際、借金を具体的に減額するには、債務整理の手続きが最も効果的だからです。

ただ、債務整理の手続きを借金解決ゼミナールから紹介された弁護士や司法書士に相談をすると、そこから費用が発生します。

借金解決ゼミナールで掛かる費用は?

債務整理で掛かる費用は、法律事務所によって異なりますし、どの債務整理の手続き(任意整理、個人再生、自己破産)を行なうかによっても違います。

ですから、ここでは債務整理のそれぞれの手続きの相場の費用についてお伝えしていきます。

任意整理の費用

借金解決ゼミナールを利用した人達の中で、最も多く行なわれるのが任意整理です。

任意整理の手続きは、払い過ぎた利息があれば、その分を減額し、将来利息をカットして残債を約3年~5年で返済していく手続きです。

債務整理の手続きでは、唯一、裁判所を通さない手続きで、整理の対象とする借金を選べるので、比較的簡単に手続きを行なうことが出来るというメリットがあります。

任意整理の費用は、債権者1件あたり数万円で、あと、払い過ぎた利息があって、借金の減額に成功すれば、減額した分の10%が減額報酬として掛かるのが相場です。

参考記事:任意整理の費用の相場

個人再生の費用

任意整理では現在の返済能力で支払えるほど、借金が減らず、かと言って自己破産では家を失ってしまうので、それを避けたいという方は個人再生の手続きがオススメです。

個人再生では住宅ローンを整理の対象から外すことも可能ですし、借金を約5分の1に減らせるというメリットもあります。

個人再生に費用の相場は、数十万円で住宅ローンを守るため、住宅ローン特則を利用した場合はプラス10万円掛かるのが相場です。

また、再生委員が選出される場合は、別途15万円ほど予納金が掛かってきます。

参考記事:個人再生の費用の相場

自己破産の費用

自己破産は、債務整理の中では最も有名な手続きですが、簡単に言ってしまえば、すべての借金をゼロにしてもらう手続きです。

ただ、一定以上の財産は手放すことになったり、制限される職業や資格があったりと、デメリットもいろいろあるので、自己破産は、あくまでも最後の手段ということになります。

自己破産の費用の相場は、数十万円です。

また、同時廃止事件ではなく管財事件となった場合は、報酬費用とは別に、裁判所に支払う予納金として50万円以上(少額管財の場合は20万円以上)払う必要があります

参考記事:自己破産の費用の相場

まずは無料相談から始めてみる

Yahoo!の知恵袋などで口コミを見ると、借金解決ゼミナールは無料だけれども、必ず債務整理を勧められて断り切れずに債務整理をしてしまうかもしれないから、最初からやらない方が良いという人もいます。

ただ、借金解決ゼミナールでは、しつこい勧誘が来ることはありません

ですから、借金解決ゼミナールで借金が減額されることによって得られるメリットと、報酬費用が掛かったり、信用情報機関に事故情報が登録されてブラックリストになってしまうというデメリットを比較して、得をすると思った方を選択されれば良いでしょう

takeshi1

実際、借金解決ゼミナールで費用が掛かることを恐れて、借金を放置することによって、利息がどんどん増えてしまうのが最悪のパターンなので、一度、気軽に相談されてみることをオススメいたします。